※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 なんで出会うやつ出会うやつ、初対面なのに、俺の名前を知ってるんだろう?
 疑問には思ったけど、相手は年上っぽかったので、またちょっと頭を下げた。
 すると男は目を細めて、なんか怪しい雰囲気を出しながら、唇を開いて、俺に……、
「おいで」
 俺に、俺は、俺はこの男のところへ行かなければならない。
 手招きに従って俺は歩く。この知らない男のところへ。
 男は俺を部屋に招きいれた。部屋の内装はなんか、石油の出る国っぽいかんじで、線香みたいなモンの匂いがした。
 俺は来た。来たけれど、どうすればいい?
 声が俺に囁く。
「俺は蠍。呼んで」
「……蠍」
「もっと」
「蠍。蠍。蠍」
「おまえは俺が好きだ」
「俺、あんたが好きみたいだ」
「抱け」
 俺は蠍をギュウ抱きした。なんで? なんでって、俺はこいつが好きだから……。
 頭の中で警報が鳴る。でもなぜだかわからない。
 蠍は、腕の中で微笑んでいる。
「キス」
 唇をくっつけた……が。ものすげえ恥ずかしい!
 ばっと顔を離してわめいた。
「駄目だ! 好きだからってそんな」
「いいんだ」
「……いい気がしてきた」
「口ひらけ。……そんなに大きくしない。少しだけ。……そう。舌先を少し出す」
 言われたとおりにした俺の口に、蠍が唇を重ねてきた。
 ああ……舌って、食ったり喋ったりするためだけに有るんじゃなかったんだな。
 どろっどろに絡めるためにもあったんだ。柔らかくてぬるぬるしたものを、激しくくっつきあわせるためにあったんだ。