※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 気持ちよくて、すごく気持ちよくて、頭がぼうっとしてきた。
 その、ぼうっとした頭に、蠍の声だけが響いている。
 ――脱げ。脱がせろ。寝ろ。触れ。ここ。ちがう、ここ。――
 俺は彼を綺麗だと思っている。言われたとおりに舐めて噛んで吸って、好きでたまらないものをむさぼっている。
 彼の、細いからだが好きだ。しっとりした皮膚が好きだ。小さい乳首が好きだ。
 へそも、尻も、……なんか絶対に触ったりしゃぶったりしたくないはずの男のアレも、好き。すげえ好き。
 だけど俺は男の抱き方なんか知らないから、蠍は俺を上向きに寝かせて、俺の腰の上に乗っかって、自分で挿れた。
 そして蠍の声が命じる。
「感じろ」
「……ッ!」
「もっと。もっと感じられる。牡羊はいま気持ちいい。感じろ」
 感じる。蠍を感じる。俺の弱いところは今、蠍の腹に飲まれて、蠍のすべてに包まれている。
 達することは禁じられて、感じることは強要されて、俺は夢中で腰を使いながら、その終わらない、終われない快楽に狂った。
 射精の瞬間まで蠍が決めた。
「イけ。そして……すべて忘れろ」
 気が狂いそうな絶頂感。俺は叫んだ。そして叫んだあと俺は、廊下に立っていた。
 ここは2階らしい。ぐるっと円形に廊下がつながっていて、廊下の片側は手すりになってる。
 俺の目の前には男が立っている。誰だっけ? 名前はたしか。
「蠍?」
 蠍はなぜか、意外そうに眉をあげた。
「なぜ知っている」
「へ?」
 そういや、なんでだろ。初めて会ったのに。
 あとそれから、なんでこう、腰が痛いんだろ。背骨も痛い。なんかあちこち痛い。