※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あのう、蠍、さん」
「……」
「俺、制限ってやつのせいで、すげえ疲れてるっぽいです」
「……ああ」
「あんたも能力使いっすか?」
「暗示。催眠。制限は発情」
 は、発情!?
 驚きが顔に出てたらしく、蠍は恥ずかしそうにそっと目を反らした。
「さっき獅子を眠らせてきた」
「……はぁ」
「だから、制限が出てた。すまない」
「……?」
「一回への階段は、北の奥。エッシャーの絵の横」
「あ……」
 ありがとうを言う前に、蠍はそばのドアをあけて、入って行ってしまった。
 なんだろう。なにか変な気がする。なにか大切なことを言わなければならないのに、忘れてるみたいな。
 あと、なんで蠍は、俺が一階に行きたがってるって知ってたんだろう。
 そのあと建物じゅうをぐるぐる歩き回り、俺は、ひとつの結論を出した。

水で続きを書いてみました。ご感想ありがとうございました。