※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 駐車場までの道を歩きながら、俺は言った。
「あんた、嘘、うまいな」
 乙女は太陽光に眼鏡を光らせながら、じろっと俺を見下ろした。
「今さら後悔か?」
「いいや。ただ、あんたのその嘘の上手さが、あんたの能力なのかなあって思って」
「ぜんぜん違う」
「じゃあ、なんだよ」
「そのうちわかる」
 なんで隠すんだ。
 駐車場までは遠かった。田舎なんだから、車ならそこらへんの空き地にでも停めればいいのに、乙女は頑としてそれを嫌がったのだ。どーも頑固なひとらしい。
 やっと車が見えてきた。ほっとした。
 そのときだった。なにか、乾いた音が響いたのだ。爆竹の音に似ていた。
 乙女のからだがぐらっと揺れた。その肩に、赤い染みがついていた。
 どんどんと広がる赤い染みを見ながら俺は、なにが起こったのかわからなくて、ただ呆然としていた。
 乙女が無事なほうの腕で、俺を突き倒した。俺たちふたりは車の影に倒れこんだ。
 また、あの音が鳴った。車のガラスが割れた。
「鉄砲?」
 思わずつぶやいたら、乙女が答えた。
「敵だ」
「敵ってなんだよ。きのう双子も言ってたけど」
「説明している暇は無い。……聞け牡羊。俺は攻撃の能力を持たない。敵の物理的な攻撃には対処できないんだ」
「どーすんだよ!」
「どうにかするしかないだろう」
 苦しそうな声だ。あたりまえだ。肩を撃たれたんだから。
「大丈夫かあんた」
「大丈夫なわけがない。分かりきったことを聞くな」
「どうすればいいのか言えよ! 早く!」
「今から俺は力を使う。俺の言葉が利用できそうなら利用しろ。無理なら俺の携帯を使って仲間に連絡を取れ。あと俺に制限が起きたら……、無視してくれ」
 言いながら乙女は眼鏡を外した。苦痛に濡れたような、妙に色っぽい瞳が俺を見た。