※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 それと同時に、たぶん乙女に携帯で呼ばれたらしい射手が来て、俺とそいつを連れて帰ってくれた。
 俺たちは「家」に帰った。そうしてロビーで再会した乙女は、やけに弱弱しい様子になっていた。
 傷が痛いんだろうか? 心配して声をかけると乙女は言った。
「おまえが、やられたに違いないと思っていた。死んだに違いないと。俺はおまえをみすみす死なせたと」
 なんでだよ。俺を勝たせる自信があったから、俺を送り出したんじゃねーの?
 しかし問いを発する前に、魚と蠍が、乙女を部屋に連れて行った。なぜか慌ててたみたいだった。
 でもって双子が、連れ帰った敵を縛ってた。目隠しもして、口もふさいで、耳当てまでつけてる。
 警戒するのも当然だ。この、敵のやつの能力が、よくわからないんだよな。
 じろじろ見ているうちに、ふと思い出して言った。
「こいつの制服、北高のだよ。有名な進学校だ」
 双子が顔をあげた。
「エリート様かよ。の割には、ごついやつだな」
「うん。すげえチカラが強かった。能力じゃなくて、筋肉的な意味で」
「馬鹿力が能力なのか?」
「違うと思うなあ。あと、力はつえーけど、喧嘩慣れしてるカンジじゃなかったよ」
 でなきゃ正直、勝てなかったと思う。俺だってボコボコに殴られて顔じゅう痣だらけだし。
 天秤が車椅子を持って来た。足を麻痺させた射手のためだろう。
 そして獅子が、嫌がる射手を車椅子まで運んでた。――なんだかんだでこの家の連中は、結束力が強い。
 水瓶は蟹と話し合っていた。ていうか、怒ってる蟹を水瓶が押さえてる感じだった。
 蟹はおっそろしい顔をしていた。
「大切な家族を傷つけたやつを、僕は許すことはできない」
 情が深いやつ。それが蟹。