※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「血の海だ。大きな家の玄関に、中年男性が倒れている。腹部から血を吹き出していて、あきらかに死んでいる。この彼が今「おやじ」とつぶやいた。彼は走る。家の廊下を走ってあちこちの扉を開いている。誰も居ないのを確認してから2階に移動した。またひとつのドアを開いた。その部屋に二人の人物の姿を確認。男と女。男は若い。女は中年女性。彼は、中年女性に対して、おふくろと叫んでいる。女はぐったりしていて反応しない。若い男が彼に言う。おまえの能力を知っている。今すぐその力を利用して、とある人物を殺してこい。でなければこの女の命は無い」
 つまり山羊は、この男の体験した、過去の出来事を読んでいるのだ。
 俺は思わず言った。
「脅されてんじゃねーか!」
「ああ。彼も、この脅しに逆らうことはできないと判断している。そして自分の能力を思い返している。なにかを取り寄せる力のようだ。食事や、美術品や、楽器を」
 へんな力だな。じゃあ、あの綺麗な銃は美術品になるのか。弾も。
 山羊が俺に目を向けた。
「彼はいま、その男から、乙女に関する説明を受けている。きみの話は出てないな」
「じゃあ、こいつの狙いは乙女で、俺はあのとき、たまたまそばに居ただけか」
「あと彼の心が苦悩に満ちていることも言っておく。このへんで良いだろう」
 一方的に言い切って、山羊は手をあげた。
 その手を体のわきにだらりと垂らして、山羊はそのまま、動かなくなった。
 すかさず蟹が椅子を持ってきて、山羊を座らせていた。まめな男だ、蟹って。
 俺はボーっとしちまった山羊を見ながら、これが山羊の制限なんだなって気づいていた。腑抜けになっちまうらしい。
 けど、すごい能力だ。使われた相手は、その時点でプライバシーをゼロにされる。
 険しい顔をした乙女が、俺の横に寄ってきた。
「礼を言う。おまえのおかげで助かった」
 しゃきっとした口調。あの寝る前に見たヨレヨレの感じはどこに行ったんだ。
「いいよ、ンなの」
「礼のついでに聞くが、おまえ、なんでこいつを直接持ち上げて、屋上から落とさなかったんだ? 俺はあのとき、おまえがそうするに違いないと踏んで、おまえを送り出したんだが」