※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は俺の誕生日だ。
 昨日の夜、牡羊はことあるごとに「誕生日の前夜祭なんだから」と言いながら、
俺に至れり尽くせりでもてなしてくれた。
いつもより少し値のはる雰囲気のいい店で食事をしたあと、俺の常連ショップのTシャツをプレゼントしてくれて、
今朝までずっと一緒に居た。牡羊がイベントに張り切るのはいつものことだが、
今回はいつにも増して力が入っているような気がする。
 もしかしたら、今日のことを気にしているのかもしれない。

 今日、牡羊は昼前に地方へ発つ。
明日から始まる、遠方での新人研修に参加するためだ。
研修は早朝から始まるらしく、本当なら休みのはずの今日を、移動日として半日潰さなくてはならないそうだ。
お互いの誕生日を一緒に祝うことが当たり前で、唯一続く俺たちの儀式みたいなものだと思っていた俺は、
その知らせに少しがっかりした。
でも牡羊は、
「蟹の誕生日はちゃんとやる。当日はきちんと祝ってやれないけど、
今まで続いてきた記録を簡単に終わらせるわけにいかないだろ」
と言ってくれた。
牡羊にとっても、俺たちの誕生日が特別なんだとわかって、本当に嬉しかった。