※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大正ネタ、警官乙女と探偵射手 名無し三十郎 2006/05/10(水)17:13

   衝動的に書いてしまいました。大正ネタ、警官乙女と探偵射手

※※※※※※※※※※※※※※※

 犯人を追い詰めた。住宅街の奥、見知った一本道に、敵を追い込んだのだ。
 乙女は警戒しつつ歩を進めた。
 大正の吸血鬼、稀代の連続殺人鬼と、エログロ雑誌の表紙を賑わせた、緋襦袢の男を逮捕する。そのことへの緊張と興奮が、ふだん鋭敏な乙女の勘を狂わせていた。
 背後から蛇のように延びてきた二本の腕に、乙女は気づかなかった。腕は乙女の首にからみ、その細さには吊り合わぬほどの強さで、乙女の喉を締め上げてきたのだ。
 完全に背中を取られてしまった。抵抗が殺される。鼻先に甘ったるい香のにおいがする。目に霞がかかる。乙女は焦った。焦りながら呆れた。死とはこんなにもあっけなく訪れるものかとさえ考えた。
 そのとき、聞きなれた大声が、乙女の鼓膜をゆらした。
「乙女さんを放せー!」
 ふいに首のいましめが緩む。
 乙女は咳き込みながら、ぶれていた目の焦点をあわせ、上方を見た。
 射手はあざやかな満月を背負い、煙突の上に立っていた。
 全裸で。
「乙女さん、もう大丈夫だ! とおっ!」
 射手は飛び上がり、空中で華麗に身をひねった。彼の鍛えられた僧坊筋、しなやかな後背筋、引き締まった尻、その下の見事なものまで、あますところなく乙女は見てしまった。
 地に降り立つ射手に、乙女は恐慌を起こしつつ言った。
「な、な、な、なん、なん、なんでっ」
「家の風呂が壊れたので、そこの銭湯に来ていたのです。すると湯殿の窓から乙女さんの姿が見えたので、慌てて出てきました。いやあ、危ないところだった」
 腰に両手を当てて堂々と語る射手に、乙女はわめいた。
「ええい何か着ろこの変態め! あいつは、あいつはどこだ」
「大丈夫です。悪者は退散しましたよ」
 背後を振り返っても、どこを見てみても、あの殺人鬼のすがたは影も形もなかった。
 取り逃がしたのだ。
 がっくりと膝をつく乙女にむかって、射手は手を差しのべた。
「お助けできて良かったです乙女さん。なあにお礼などいりません。キッスのひとつでもくだされば」
 乙女は気持ち悪さに鳥肌を立てた。だが、自分は非常に危ないところだったのだということもわかっていた。
 もしも射手があらわれなければ、自分はくびり殺されていただろう。あの白い二本の腕に。
 乙女の背中を冷たい汗がつたい降りる。目の前の手を払いのけて立ち上がり、ふと思いついて尋ねた。
「犯人の姿を見ただろう」
「はいもちろん」
「あれの姿を見た男はみな狂うのだそうだ。射手は平気なのか」
「うーん、乙女さんに背中からくっついてハアハアするなんて、なんてうらやましいやつだとは思ったけど」
「……もういい。聞いた僕が馬鹿だった」
「ありゃ山の手の華族の人じゃないかな。歩き方が上品だった」
 襦袢ひとつで町をうろつく華族。男の身で男を誘う華族。女郎蜘蛛のように、情をかわした相手を殺す華族。
 有り得ないと思い、乙女は首を横に振った。