※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 だから、射手を怒鳴りつけて部屋に駆け戻った俺は、たぶん最悪に失礼なやつだ。
最低だ。
 だけど俺の中で、悲しいのとか悔しいのとか、いろんな感情がごたまぜになってて、
どうしようもなかった。
 ずっと布団にもぐってた。ドアには鍵をかけてた。途中で蟹とか魚とかが、部屋の
ドアをノックしてきたけど、無視した。
 それで、夜中になって、さすがに腹が減って、そろそろ下に降りようかなあと思い
だしたところで、気配がわいた。
 射手が部屋の真ん中に立ってた。
 俺を見ると、ぱっと笑顔を作って、手を差し出してきた。
「遊びに行こう」
 ハイとかイイエとか、そんな言葉を思いつく暇もなかった。
 射手の手が俺の腕に触れ、それと同時に俺は、知らない場所に居た。
 視界いっぱいに広がる海と、ものすごい星空。耳には波音。鼻には潮の香り。
 誰も居ない海辺は、ただそこに在った。砂浜に俺と射手というアクセントをつけて。
 射手を見ると、両手をあげて伸びをしていた。それから自慢げにこう言った。
「すごいだろ。誰も居ない」
 驚きの感覚が過ぎると、バツの悪さが戻ってきた。
 射手になんて言ったら良いのかわからなくて、どうでも良いことを言った。
「靴、はいてねー」
「取ってくる。ついでに何か持って来るわ。五分待っててくれ」
 また、おうとも何とも言う前に、射手は消えちまった。
 忙しい男だなあ。
 しばらく、海を眺めた。広くて遠い、なにも無い世界に居ると、俺の気持ちも解放
されてきた。
 俺がなにを悩んだとことで、世界は広いんだよな。
 射手が帰ってきた。いっぱい荷物を持ってた。片手には袋入りの飲み物。片手には
獅子をつれている。
 それはいいんだが、獅子は全裸だった。髪も体も濡れていて石鹸の泡まみれだった。
 獅子のポーズは、少し屈みこんで、差し上げた手でシャワーを掴んで、頭を流そう
としつつ、背後の射手を振り返った、みたいな感じだった。どうやら風呂に入ってた
ところを拉致られたらしい。