※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 足に激痛が走った。見ると、太ももに釘が刺さっていた。
 抜いて投げ捨てた。その腕に、ぐさりと釘が刺さった。
 蜂にまとわりつかれるみたいに、俺は次々に釘に刺された。
 きりがねえ。俺は視線をめぐらせる。目についた障害物を次々と除けていく。燃え
残りの橋の残骸を吹き飛ばし、河原の流木をへし折り、あの大岩まで持ち上げて、カ
ジキをさがした。
 そうこうするうちに、息が苦しくなった。
 俺は両手でのどをかばった。しかし意味が無かった。目に見えない力は俺の手ごと、
喉に圧迫をくわえている。
 とことん窒息目当てらしい。卑怯なやつだ。どこだ。どこに隠れた?
 河原のあらゆるものを除け終え、俺はやっと悟った。
 今出てきた水の中、か。
 のろのろと頭をまわす。カジキが川から上がってくるところだった。
 喉の拘束がゆるんだ。俺は息を吸い、吐いて、そのまま倒れた。
 制限による疲労だけじゃないせいで、意識はまだハッキリとしている。
 カジキが上から俺の顔をのぞきこんでいる。むかつく笑顔をさらす。
「牡羊。すげえな。やっぱすげえわ。サイコキネシスっていうのか?」
 そして両手を開いて、俺に見せつける。
「俺のはテレキネシスだ。なんでも掴めるんだよ。だけどおまえの力のほうが断然す
げえわな。パワーが違う」
 制限は無いんだろうか。
 俺の思いを読んだらしく、カジキはうなずいた。
「おまえみたく、動けなくなるほど疲労したりはしねえよ。だがしばらくは、両手の
感覚がにぶくなる。ものに触った感触とかが、よくわからなくなるんだ」
 その程度か。うらやましい。俺はぜんぜん動けねえ。
 息をするだけの存在になった俺に、カジキは満足そうだった。
「なあ牡羊。クラブに戻る気ねえの?」
 しつこいぞ。
「いやか。じゃあクラブじゃなくて、別のところに行かないか。川田んところ」
 やっぱそっちか。
 疲労のきわみにあった俺は、最後の力を振り絞って、片手を持ち上げた。でもって
中指を立てた。
 これですべての体力はゼロだ。ちくしょう。短かったな俺の人生。