※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 だから俺は、さっき魚が抱いてくれたときに復活した体力のうち、ほんの少しを、
ただ一箇所の一点に向けて、放ったのだった。
 カジキの胸に刺さっていた釘は、俺の念に従ってさらに突き刺さり、深く深く突き
刺さり、カジキの心臓を貫いて背中に抜けた。
 魚は攻撃のために傘を拾いあげていたのだが、俺のやった行為に気づくと、驚いて
俺を振り返った。
 俺は、ほっとしていた。この優しい男に、残酷なことをさせずにすんだことを。
 魚は倒れたカジキを見て、それから俺を見ると、ぼろっと涙をこぼした。
「なんでこんなことになってしまうのかな。ぼくもあなたも、こんなことは望んでい
ないはずです。なのに」
 口調が変わってるってことは、すこし年齢が下がってるのか。
 魚は俺を抱きしめて泣いた。泣きながら子供に戻っていった。同じ言葉をくり返し
ながら。
「大丈夫ですか。痛くないですか? ……痛くないの? ……いたくないの? ねえ、
いたくないの? ……おひつじ、いたいの、とんでった。……いたた、ないない……」
 ついには魚の言葉は意味不明の声の固まりになった。そうすると複雑な感情の流れ
も消えちまうらしく、魚はぼんやりした表情で俺の指を吸っていた。
 俺は魚を抱きしめてあやしながら、魚のかわりに泣いた。

 ※※※

 魚を背負って家に連れて帰った。大人のからだは重くて、赤ちゃんの心はむずかし
くて、たいへんだった。
 途中で大雨が降った。魚は怖がって泣いた。このときもたいへんだった。大人の体
でむずがられると、迫力が違った。
 俺は大声で歌を唄う。流行の歌も童謡も唄いつくす。魚に能力を使って体重を軽く
して、優しくゆすぶる。
 そうして家に着くと、玄関で倒れこんだ。
 皆が俺に群がる。俺は眠りたかったんだけど、魚のかわりにすべてを話さなきゃな
らなかった。