※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「報酬は希望どうり。地位も望みどうりだ」
「望みの場所に、望みの住家を用意する。仕事もおまえの好きなようにすればいい」
 なんか、すげえ話になってないか。
 天秤はしかし、今度は露骨に眉をしかめていた。
「困ったね。僕の望みはそういうものじゃないんだよ。何度言えばわかってもらえる
んだろう」
 それから俺を見た。困ったみたいな顔だった。
「僕一人ならさっさと逃げちゃうんだけど、きみがいるからなあ」
 たしかにそうだろう。俺を連れて壁抜けはできないんだ、天秤は。
 なんか俺、天秤に迷惑かけてるみたいだ。
 申し訳なかったので、まず三角に言った。
「よくわかんねーけど、天秤いやがってるし。諦めたらどうだ?」
 三角は、尖った目で俺を睨んだ。
「テメエ天秤とこの新入りらしいな。調子に乗んな。刺すぞ」
 こいつは刺す力のある能力者らしい。
 俺は次に、レチクルに聞いた。
「天秤ってなんの仕事してたんだ?」
「今も昔も天秤は、すぐれた暗殺者だ。おまえの一味の家族ごっこにつき合わせるに
は役不足だ」
 天秤って殺し屋なのか?
 レチクルの能力はわかんねえ。やっぱこういうのは、山羊みたいな能力で読み取っ
たりしなきゃ駄目か。
 俺は最後に、天秤に言った。
「どうする?」
 天秤はあごに手を当てて考えていた。それからやっぱり、世間話のように言った。
「ええとね。三角は空気の槍をあやつる能力者。レチクルは空気の弾丸を飛ばす能力
者だよ」
「槍と鉄砲か。なんか強そうな気がする」
「そのうえ二人は制限がゆるいんだ。力を限界まで使ったあとは、しばらく力が使え
なくなるだけ」
「天秤。あんた今すぐ逃げていいぞ」