※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 矛盾していると思う。
 だから俺は、思ったままのことを言った。
「嫌なことを、無理にやるこたねーだろ」
「……」
「嫌だったから川田ん所を抜けてきたんだろ。嫌ならもうやるなよ。あんた本当は優
しいんだから、向いてないことするなよ」
 天秤は服を着おえて、しばらく黙っていた。
 それから、ふいに俺を抱きしめてきた。
 天秤の動きはそつがなく、手の動きは優しかった。続いて聞こえてきた声も、本当
に優しかった。
「優しいのはきみだ。きみが家族になってくれてよかった。本当に」
 天秤の声は震えている。その震えを隠すために、天秤は俺を抱き続けた。
 俺は天秤を抱き返した。天秤とはぜんぜん違う、強い力で。

 ※※※

 家に帰りついたとき、双子は驚いていた。天秤を見てこう言った。
「おまえ、どういう心境の変化だよ」
 俺のために買われた、動きやすくて、シンプルで、気軽なかんじの服を、天秤が着
ていたからだ。
 天秤は、いかにも楽しげな様子を、完ぺきにこしらえていた。
「牡羊が選んでくれた服だよ。似合うかな」
「そうだな。俺、まえのイメージの方が好きかな」
 似合わねぇ、と、素直に言わないのが双子らしい。
 天秤は今度は、がっかりした様子を、完ぺきにこしらえていた。
「ちょっと冒険しすぎたかもしれないなあ。着替えてくるよ」
「似合わないことはないんだぜ? けどイメージがさ」
「うん。これは牡羊にあげることにする。またあとで」
 完ぺきな嘘をこしらえあげて、天秤は部屋に戻って行った。
 俺も眠かったので、さっさと部屋に戻ろうとした。
 そのとき、二階から水瓶が降りてきたのだ。