※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 牡牛は俺らを別の場所に案内した。
 そこは、蔵だった。中はほぼ空っぽで、あらかたの荷物は売られちまっていたが、
ただ一個、へんなものがあった。
 屏風だ。天女の絵が描いてあった。
 牡牛は説明する。
「幽霊だ。これを夜中に見に来ると、天女が絵から抜け出て動き出すらしい。そうい
うものなので、売れなかった」
 俺は、ビビってる俺を隠そうと必死だった。
「この女の人が踊ってくれるのか? だったら面白れえじゃん」
「踊ってくれるついでに、とり殺してもくれるから、夜中に見てはいけないと言われ
た」
 山羊は、首を横に振った。
「そんな理由で売られないなんて、そんな馬鹿な話があるものか」
「鑑定にも出してない。ていうか、鑑定の人もチラ見しただけで通り過ぎてた」
「鑑定か」
 そこで山羊は、手袋を脱いだ。
「俺が鑑定する」
 くそ真面目な男だなあと、俺は思っていた。ヤバいものが見えたらどうするんだよ。
 牡牛のほうは、ちょっと興味を持っているっぽかった。度胸のあるやつだ。
 山羊は屏風に触れて、目を彼方に向けた。
 しばらく黙り、やがて言った。
「屏風の記憶は、くらい。なにも見えない」
「それは暗いだろう。蔵だから」
「いや……、明かりが見えた。ロウソクの明かりだ。ロウソクの明かりの中に、軍服
を着た男が座っている。男の顔は牡牛に似ているが、丸眼鏡をかけている」
「ああ」と牡牛が言った。「じいさんだ」
 山羊はしばらく目を細めて、俺には見えない、暗がりに灯るロウソクの明かりの中
を、じっと見つめているようだった。
「ご祖父は背筋を伸ばして正座している。その前にすずりと和紙。和紙には天女の絵。
どうやらこの絵は、牡牛のご祖父が書いたようだ」