※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 射手はふたたび俺を連れてジャンプし、獅子のかたわらに立った。
「獅子。邪魔しに来た」
 射手が言うと、獅子は横目で俺らを見た後、ふたたび数本の炎を湖面に走らせた。
 たしかに綺麗だった。青い湖の上に描かれる、放射線状の火模様。続いてわきあが
る水蒸気の雲。
 なるほど、水に火を放てば、簡単に消火できるから、残り火のことを考えずにすむ
んだ。
 獅子はやっと俺たちを正面から見た。
「邪魔だ」
「だから邪魔しにきたんだって。はい忘れ物」
 射手は鎮痛剤のビンを差し出した。
 獅子は無言で受け取ると、中身を手のひらにあけて飲んでいた。
 俺は湖面を見た。水蒸気が晴れて、水面には空が映りこんでいる。
 そしてその水面の、雲の影のあたりに、なにかが浮かんでいる。
 念じて持ち上げ、手元に引き寄せてみると、それは魚のマスだった。
「みごとに茹で上がってるぜ」
 そう言うと、射手は大笑いした。
「いいな獅子。持ち芸が増えたぞ。茹で釣り」
「ふん。塩も無いのに食えるのか?」
「あっそうか。じゃあ持って帰ろう。獅子、あと11匹釣れよ」
 それから俺たちは、湖面に魚の影を探すのに夢中になった。
 俺は探しながら考えた。
 獅子の力は、コントロールが難しい。炎ってのは、勝手に燃え広がっていくものだ
から。
 だから最初の発火が小さくても、しまいには沢山の量の炎を、いっきに操作しなき
ゃならない。
 俺は焼かれた二匹目を引き寄せると、獅子に尋ねた。
「ばーっと発火するだけだと、そんなに痛くはならねえの?」
「鈍痛、という程度だな。背骨がきしむような」
「それだって痛いには違いねえんだろ。大丈夫かよ」
「痛みでは死なん。気力で押さえれば問題無い」