※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「どっかで会ったことあるような」
「どうだろう。でも知ってもらえてはいるみたいだね。ぼくの名前はカラス。ただ別
の名前があって、それは……」
 有名なバンドのボーカルの名前だった。
 俺は、驚いた。カラスの別の名前に、というよりも、そんなやつと知り合いだとい
う蠍に。
 蠍はしかし、びっくりしてる俺に、静かな目を向けてきた。
「大丈夫。金が無くても、芸も無くても、牡羊は牡羊。……自信を持て」
 それは、催眠の言葉だった。
 俺の中に自信があふれてきた。芸能人がなんだ。カラスが何様だ。俺は俺だ。
 カラスは蠍の言葉を聞いて、軽く笑っていた。
「ぼくも、あまり構えないでくれるほうが有り難い。今さらぼくらの昔の関係を、ど
うこうと言うつもりはないんだ。同じように、今のきみたちの関係をどうこう言うつ
もりも無い」
 俺と蠍は家族だが、そういう意味じゃないのか?
 自信に満ちあふれた俺は、その思いをカラスに向けて、そのまま口に出した。
「関係ってなんだよ」
「聞かされてないの? ぼくらのこと」
「知らねえ。なんのことだ」
「それは……、蠍、問題があるんじゃないか」
 蠍は、微笑んだ。演技のように。
「牡羊が、人の過去を詮索したがるようなタイプに見えるか?」
 カラスは、俺をじっと見たあと、腕組みした。
「見えないね。なるほど」
 蠍は微笑を消す。やっぱり演技めいている。
「俺を呼び出した理由は」
「繰り返し言うが、ぼくはきみらの関係を邪魔するつもりはないんだよ。用件はまっ
たく別のことだ」
 だから関係ってなんだよ。
 俺がそれを問うよりも、今度はカラスが説明しだすほうが早かった。