※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 俺の疑問をカラスの笑顔がとろかしてしまう。すっげぇ格好いいなと思う。
 俺もカラスが好きだ。ああ、こんなやつになら、何をされてもいいような……。
 蠍が言った。
「牡羊。嘘だ。気づけ」
 すっと頭が冷えた。
 俺は気づいた。俺はカラスに嘘をつかれた! 当たり前だっ、なんで俺がカラスに
惚れられなきゃならねえんだ!
 戸惑う俺にカラスが言う。
「でもぼくは牡羊を愛してるし、牡羊もぼくが好きだろう?」
 ああ好きだ。なんでかわかんねーけど、今このときから、俺はカラスのものだ。
 蠍が言う。
「嘘だ。魅了の能力だ。牡羊はカラスが好きじゃない」
 そうだ俺はカラスが好きじゃない。なんだと能力だと。みりょーって何だ畜生。
 しかしカラスがまた、
「能力でもいいじゃない。ぼくはきみを愛してるんだから」
 と言ったので、なんか能力でもいいような気がしてきた。
 この気持ち。熱くて、気持ちよくて、ふわっと体が舞うような感覚は、本物だと思
う。
 頬染めている俺にまた蠍が言う。
「カラスは牡羊を愛してない。牡羊はカラスを好きじゃない」

 ※※※

 こんなに動きの無ぇ戦いは初めてだ。
 三人で、テーブルについて、そのうち二人がぼそぼそ喋ってるだけ。
 俺は赤くなったり青ざめたりしてるだけで。
 喫茶店のお姉さんが水をそそぎに来てくれた。黙ってコップを取り、水を足して、
何も気づかずに去っていった。
 俺は緊張と弛緩をくりかえし、混乱していた。息が荒くなり、心臓がバクバク言っ
て、熱いのに悪寒がした。