※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 徹夜で読んだ。本は分厚かったけれど、文章は綺麗で、話はわかりやすくて、読み
やすかった。
 いや、知らない人間にはそう思えるだろうって事だ。
 俺は蠍を知っているから、その美しい文章の向こうに、すごく深いものが描かれて
いることや、わかりやすい話の奥に、めちゃくちゃ複雑なものがあらわされているこ
とを理解できる。
 話はこうだ。ある男が、ある女に出会う。男は売れない歌うたいで、女は作家のタ
マゴ。
 男はいいやつだ。単純で優しくて馬鹿。歌うだけしか能が無い。
 そして男は、病気だか呪いだか、よくわからんマイナスポイントを持ってて、その
せいで、人を好きになることができない。
 ……この病気ってのは、能力のことだろう。そして惚れられねえってのは、制限の
ことだ。
 女は男を好きになったので、男を応援する。
 ……応援な。間違いなく蠍は、カラスに能力を使ったんだろう。
 うわべだけ読むと、ここまでは、よくある話って気がする。ただそのあとの展開が
違う。
 男はある日気づく。自分たち二人の暮らす部屋が、迷宮となっていることに。男は
部屋から出られなくなる。
 この複雑な世界で男は、何も見えず、何も聞こえず、声も出せなくなる。
 この「迷宮」ってのの描写が独特で、部屋がダンジョンと化したようにも読めるん
だが、たんに男が狂ったようにも読める。
 俺にはわかる。蠍の催眠のたとえ話だ、これは。
 実際、このあとの男は、女の顔しか見えず、女の言葉しか聞こえず、女にしか語り
かけることができず、女のことしか考えられなくなる。
 女は男を守り、慈しみ、はげまし、精一杯の愛情をそそぐんだが。
 ある日、子供の姿をした、美しい天使があらわれて、彼らの醜さを非難する。
 そして天使は女を連れ去り、部屋には、男ひとりだけが残された。
 巻末の解説によると、こういうの話のことを不条理っていうらしい。
 しかし俺にとっちゃ、不条理どころか、これほど分かりやすい話は無い。
 だって蠍は言ってたんだ。まっさらな本を手に入れて、自分で読みながらラインを
引いて、書き込みをして、折り目をつけて、手垢で汚して、そうしていけば、その本
は自分だけのものになるって。