※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 水瓶は、厳しい顔をしていた。
「久しぶりだな牡羊。きみにとっては10秒ぶりくらいか」
 1秒ぶりくらいだよ。
 いい加減、俺の唇を休ませてもらいてえ気もする。俺だってけっこう照れくさい
んだ。
 水瓶はしかし、照れなどみじんも感じさせない様子だった。
 俺の両肩をつかみ、顔を見据えてきたのだ。
「確認する。きみにとって川田は悪か」
 それについては、きっぱりと頷いた。
「ああ。俺の敵だ」
「こちらの僕は川田に背いた。そうだな?」
「そうだよ」
 そのときだった。理科室のドアが開いた。
 そして俺は、いま教室の真ん中で、目の前から聞いていた声を、ドアの方向からも
聞いた。
「きみはきみで、好きな運命を選べば良い」
 俺のよく知っている、現在の水瓶がそこに居た。
 むかしの水瓶は驚いていた。
「僕、か」
「ああ。僕だ」
「しかしこれは。僕が、僕に会ってしまうのはまずい。歴史に矛盾が生じる。だから
牡羊に会いに来たのに」
「問題ない。矛盾をふくめての歴史なんだ」
「……これも定まっていたことなのか? このとき、この場所で、きみがここに来る
ことも」
「いや」
 現在の水瓶は笑う。あっさりと。なんてことないように。
「これは予定に無い歴史だ。きみは僕に会うことなく、過去に帰るはずだった」
 そして現在の水瓶は俺に近寄ってきて、いきなり俺を突き倒した。
 突き倒されながら俺は、何かの光の筋を見た。光の筋は窓から来て、いままで俺が
居た場所を貫き、床に刺さって、そこに小さな黒い穴をあけた。