※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「さっきも言ったとおり、ここから先の未来は、ぼくにもわからないんだ。きみの幸
福は保証できない」
「幸せのために必要なのは、保証じゃなくて努力だろ」
 水瓶は黙って考えると、そうだな、と言った。
 そうして俺たちは家に帰った。あたらしい時間の中を歩きながら。

 ※※※

 家に帰り着くと、騒動が起きていた。
 ドアをくぐると同時に、天秤が天井から落ちてきて、水瓶に言った。
「言われた通りだった。しかし発見のタイミングが少しずれた。すまない」
「双子は無事か?」
「ああ。意識もはっきりしてる」
 双子が体じゅうを切ったらしいのだ。自殺のためではなく、能力の発動のために。
 鍵をかけた部屋に閉じこもった双子を、天秤が押し入って助けたのだという。
 俺たちは双子の部屋に駆け込んだ。
 血の匂いがした。床に沢山のタオルが積まれ、それらはたっぷりと流れたらしい血
で汚れていた。
 体を赤く染めた双子が、ベッドのふちに腰かけていた。俺たちを見て笑う。
「待ってた」
 水瓶は頷いた。
「話してくれるか」
「オーケイ。でもみんなを呼んでくれ。みんなに話したい」
「……」
「今さら躊躇するなよ水瓶。これだけのリスクを払ったんだ。リターンは確実に回収
しねえと。みんなに話したほうがいい」
 しかし天秤が双子に歩み寄り、優しくその体を突いた。
 それだけで、双子の体は勢いよくベッドに倒れた。
 痛みに呻く双子に、天秤は優しく語りかけた。
「話の前に、治療が要るね。話はそれから」

風で、水瓶中心です。