※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 見ていた山羊が、それで良いというふうに頷いた。
「不安神経症、パニック障害。過呼吸症候群。制限によるものだ」
 山羊の説明によると、本人は死ぬほど苦しいらしいが、どこが悪いというわけでも
ないんだそうだ。過度の不安が神経を狂わせているだけらしい。
 辛い制限だなと言うと、山羊は悩ましげに眉を寄せた。
「からだの問題は、癒えさえすれば問題ないが、心の問題は尾を引く。俺も制限のあ
いだは心を失っているが、正直、怖いよ。究極に無防備な自分をさらすわけだから」
「なにかされても、どうしようもないわけだ」
「ああ。まわりの人間を疑ってしまう自分が嫌になる」
 心を縛る制限。だから魚よりも、蠍の領域なのだが、どちらも外出している。
 薬箱をあさろうかと言うと、山羊は考えるようにうつむいたあと、やはり首を横に
振って、俺の耳元に口を寄せた。
「それよりもむしろ、心配なのはこのあとだ。不安は欝状態を呼ぶ。そうなると乙女
は、自分で自分を傷つけ始める」
 薬や、蠍の力が、本当に必要になるのはそのときだから、それまでは騒がしくしな
いほうが良いのだという。
 牡牛が乙女を抱き上げた。乙女の部屋まで運んでいく。
 俺は、扉を開くのを手伝った。乙女が寝かされるのを見届けると、廊下で山羊と話
し合った。
 で、俺と山羊と牡牛、三人で、交代で乙女を監視することになった。

 ※※※

 部屋のベッドに寝かされたあとも、乙女はしばらく苦しんでいたが、やがてふつう
の呼吸を取り戻した。
 まだ疲れた顔のまま俺を見上げて、こう言った。
「俺の眼鏡は?」
 ドアを開いて廊下を覗いてみたが、落ちてなかった。
 無いぞというと、乙女は眉をしかめた。