※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 俺は力を解除したあと、こう条件をつけた。
「下に降りるだけ。作るのは俺がやる」
「牡羊が?」
「できるよ。まえの家では、おばちゃんの手伝いでよくやってたんだ」
「……」
「あんたは見てるだけだ。嫌だっつーんならもう、俺が疲労でぶっ倒れるまで、あん
たをベッドにくっつけといてやる」
 乙女は考えていたが、やがて溜息をついた。
「どうせ眼鏡が無いと、うまく動けないから……、牡羊にまかせる」
 俺は乙女と連れ立って移動した。乙女は眼鏡が無いせいで、階段も怖そうだったが、
俺に手を貸されることは嫌がった。
 すげえ意地っ張りだ。俺もそういうとこあるけど、ここまで酷くない。
 で、台所に行くと、牡牛が居た。エプロンしめて、冷蔵庫から材料を取り出して、
作業台に並べていた。
 俺たちに気づくと、こう言った。
「乙女がやるって聞いたから、かわりにやってやろうと思って」
「俺も手伝う。乙女は見てるだけだから」
 乙女は壁にもたれて、不満いっぱいの目でこちらを睨んでいた。
 俺は気づかないフリをしつつ、牡牛を見上げた。
「なに作るんだ?」
「蟹がメモを置いてあって、煮物って書いてあるんだけど。今から煮物なんか作って
間に合うのかな」
 牡牛は首をひねりつつ、包丁を手にとって、芋を剥き始めた。
 俺は大鍋を取り出して、コンロに置いた。
 牡牛が剥いた芋を刻んではボウルに入れる。やがてボウルの中身が山盛りになった
ので、鍋の中にあけた。
 すかさず乙女の声が飛んできた。
「面取り」
「ん?」
「角を取るんだ。芋の角を丸くしないと、煮たときに崩れるんだ」