※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「わかんね。けど、あるのかなとも思う」
「俺は確実に、あると思う。なければ困る」
「困る?」
「ああ。俺はこの能力に目覚めたのは、いまの家族に出会ってからだ。しかしそれま
でにも、それらしい兆候はあったんだ」
 乙女はいったん、黙った。
 それから視線をうつむけて、言いづらそうにこう聞いてきた。
「牡羊は、球技が得意だったんだな」
「おう。だから野球やってた」
「しかし得意だと思っていたそれは、実は自覚していない能力の結果だったかもしれ
ない。そう思ったことはないか?」
 ある。はっきりと。
 うなずくのには勇気がいった。自分のずるさを告白しているような気分になったか
らだ。
 しかし乙女は、俺を責めなかった。かわりに自分のことを説明しだした。
「俺は子供のころからよく、幻覚を見ていた。ありえないものを見て、知りえないは
ずのことを知った。だから昔の俺は自分のことを、頭がおかしいのだと思っていた」
 なんでも見えちまう力を、それと知らずに使っていたら。
 人はそれをどう思うだろう?
「幻覚ってのは、無意識の、遠視だったのか?」
「と思う。自分の親が事故で死ぬサマも遠視した。はっきりと」
「それは……」
「親を失ったショックで幻覚を見るようになったのだと、周りの人間は説明した。だ
から毎日、薬を飲まされて、意識が朦朧としていた。俺は、このおかしな頭を正常に
保ちたいと、ずっと考えて生きてきたんだ。正確に、目の前の出来事だけを信じて、
判断しようと。そういう習慣のもとに生きてきた。だから頭を使うなと言われると困
る。それこそ頭がおかしくなる」
 違和感を感じた。
 淡々と語る乙女。様子も落ち着いている。しかし何かがおかしい。