※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 腕を掴もうとすると、乙女は顔を真っ赤にして、身をひいてよけた。
 俺のほうも、照れも手伝って、大声で怒鳴りつけてしまった。
「そこで意識すんなよっ!」
「……俺はただ、これは性格だから、気にするなと言いたかっただけなんだ」
 妙に弱弱しい声だった。俺は戸惑った。
 乙女はそっぽを向いたまま、小声で、早口で語る。
「べつに牡羊が嫌いなわけでも、怒っているわけでもないから、気にするな、と」
「う、うん。わかってる」
「……」
「……なんも気にしてねえよ、俺」
「部屋に戻る。一人で大丈夫だ」
 言いながら乙女はふらっと立った。危なっかしい足取りで歩いて、階段を上がって
いった。
 俺は後を追えない雰囲気になっちまって、その背中を見送った。
 それから視線を上にあげて、二階の手すりから身を乗り出してこちらを覗きこんで
いる山羊の姿に気づいた。
 山羊は乙女が自室に入るのを見届けてから、階段を降りてきて、俺の目の前に立っ
た。
 そして、言った。
「乙女にあれはシャレにならないぞ」
 見てたのか。
 顔に血が上った。たぶん、さっきの乙女みたいな顔になってたと思う。
「あれはただ、びっくりさせてやろうと思って」
「それはいいんだ。そのあとだ。意識するなというのは酷い」
 えーと。
 ちょっと意味がわからねえんだが。
「俺、謝ったほうがいいのか?」
 山羊は渋いものでも食べたみたいな顔をした。
「これ以上、残酷なことをするな」
「な、なにが。わかんねーよ。教えてくれ」
「乙女には俺がついてる。牡羊は牡牛でも手伝ってろ」
 なんで山羊は怒ってるんだ。