※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 仕事をするためには、人数が多いほうが良いのは確実なんだ。
 だけど情報収集や、心身の治療に関する能力を持っている連中は、他に仕事がある。
 モノ系の能力者である俺は、家ではやることがないから、自由に動ける。
 牡牛がうなずいた。
「獅子はそう思ってる。水瓶は反対してる。だから牡羊の判断にまかせることになっ
た」
「残るよ。当然だろ」
 天秤はそれでも気に入らないらしく、腕を組んで考えていた。
「……獅子に頭を下げて、射手にも謝って、蟹を安心させて、それからまた僕も引き
返して来よう」
「孔雀まだ殺すなよ?」
「殺さないよ」
 手をひらひらと振ったあと、天秤はいっきに駆けていった。
 どうも今までは、俺にあわせて、遅く歩いてくれてたみたいだな。
 牡牛は道路の彼方を見ている。俺は尋ねた。
「双子の読んだ未来だと、敵の正体ははっきりしてるわけだけど」
「ああ」
「俺はてっきり、蠍が来ると思ってたよ」
「それは無い。千日手になるから」
 カラスが来るのだ。相手の本来の意思を無視して、自分に惚れこませちまう能力の
持ち主。
 古いバージョンの歴史では、家に乗り込んできたカラスによって、家族の半分くら
いは負けちまう予定だったらしい。
 他の家族は、他の能力者に倒される運命だったが、その一部はもう天秤が倒しちまった。
 すでに歴史は変わっている。
 それにしても、だ。
「なんで牡牛なんだ?」
 言うと、牡牛も首をひねっていた。
「わからない。なんで俺なんだ?」
「俺に聞くなよ」
「蠍が家族に、カラスのことを詳しく話してくれたんだ。そしたら俺が戦うことにな
った」