※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カジノ・ロワイヤル 蟹と射手 774チップ 2007/09/28(金)06:38

86の続きです。



風が鳴っていた。細かい波音が幾重にも重なり、船内の各種サロンから品のいい音楽が
微かに漏れてくる以外には音のない世界だった。
雲は夜半のうちに通り過ぎたのだろう。天気が良い。目を閉じていると頬に潮風がぶつかる。

蟹は甲板テラスのベンチの上でじっと座っていた。
うなだれたその全身から苦悩がにじみ出て、日光にじわじわと消毒される。
太陽に光る海をこんなに長時間眺めたのは何年ぶりだろうか。
船の中では恐ろしいことが起きているのに、甲板から眺める海はこんなにも祝福されている。

ぼんやりしていると横からハムサンドを突き出す手があった。
蟹が見上げると、太陽の光の下にサンドイッチを頬張った射手が立っていた。

射「こんちは。──挨拶代わりにどうぞ。もう昼だよ」
蟹「……俺に?」
射「うん」
蟹「……どうも」

射手の手から、ハムサンドを受け取る。かじってみると味覚では美味いのがわかったが、
心持ちとしてどうにも味がしなかった。

蟹「美味い。ありがとう」
射「そう? あんま美味そうに見えないけど……あ、こっちのたまごサンドも食う?」
蟹「(ようやく笑いながら)いいよ。本当に美味しかったから。ありがとう」
射「(苦笑して)……」

射手は黙って蟹の隣に座っていた。蟹が悪いと思って何か話そうとすると、
「気を遣わなくていいよ」とぶっきらぼうに言う。
そのままひなたぼっこをするようにベンチに座っている。蟹の無為の時間を受け止めながら。

蟹「君、参加してた人だよね」
射「うん。船乗ったときからあんたに興味があったの。いかにも素人で珍しいなーって思った」
蟹「……」
射「哀しいことがあったね。いっぱい」

何故だろうか。射手の持つ空気に蟹は泣けてしまう。射手自身は哀しそうな顔をしないのに
この男のぽつりと言う「哀しい」には無限の重みが感じられるのだった。
この男は、何か常識的なものを突き抜けて哀しみを見てしまう。

蟹「ああ。このゲームは哀しすぎる……おまけに嫌なゲームだ」
射「ゲームのせいにしちゃいけない」
蟹「?」
射「ゲームはきっかけ。世界中どこへ行っても、人間がいたら同じことは起こるさ」
蟹「スケールが大きいな」
射「そうかな? 俺はそんなつもりないけど」
蟹「……(苦笑して)俺は自分と、家族と、友人と……身内のことしか見れないよ。
  そういうベースがないと世界を見られない」
射「……うーん、でも、そういう人は強いよ。守るものがあって、いつも誰かが近くにいてさ。
  フワッと消えちゃったりとか、そーゆーの無いじゃん。俺はソンケーするよ」

蟹の哀しげな顔に射手はふと口をつぐむ。それから微笑する。

射「俺は急に消えたりしないよ。まーあんたには関係ないかもだけど」
蟹「悩みがあったら聞くよ。こっちこそ、俺でよければだけど」
射「(笑いながら)あんた優しい人だね。心配で来たのに俺が逆に慰められちゃった」

蟹の顔が笑いながら歪む。射手はベンチから立つと柵に身を乗り出し、
そこから柵にもたれて蟹を見返した。

射「賭け、行きたくないんだ?」
蟹「……(うなずきながら)もう誰もあのショーに送り込みたくない。見るのもごめんだ」
射「逃げたっていいと思うよ」

蟹が目を見開く。射手は本気で許すつもりで、優しく微笑んでいる。

射「いつだって、逃げられる。たとえば今すぐ船倉まで降りて荷物の箱に潜ってみなよ。
  食べ物だけ一杯持っていっておけばいい。あとは何日か寝て我慢してれば大丈夫。
  貨物と一緒に船をおりたら夜のうちに港から出て、ヒッチハイクで山まで行くだろ。
  それでどっかの爺さんの家の前で行き倒れた真似をすればいい。
  助けてもらったら「何も憶えてない」の一点張りでしばらく通すんだ。
  あとは爺さんが何とかしてくれる。自給自足さえできればどこででも生きられるさ。
  ──俺は黙ってる。あんたが行きたければ、そうしな」

蟹「それは君にしかできないやり方だ」
射「そんなことないさ」
蟹「いや。君なら、あるいはやり遂げるかもしれない。でも俺にはできない。
  俺には棄てられないものが多すぎるよ」

蟹は両手で顔を覆って絶句する。その姿が、まるで泣いているように射手には見えた。
しばらくすると彼は顔を覆っていた手を外し、思いのほかしっかりした調子で立ち上がった。
そのまま空を見上げている。

蟹「なあ。もう一回逃げてもいいって言ってくれないか」
射「……逃げていいよ。心がずたずたになるくらいなら、そうしな」
蟹「……ありがとう。カジノに戻るよ。……逃げてもいいんだな」
射「うん」
蟹「うん。……お陰で少し気が楽になった」

蟹は階段を降り、船の中へと入っていった。射手は甲板からそれを見送る。
やがて蟹の姿が見えなくなると彼は大きく溜め息をついた。

射(あの人は多分逃げられない。……いや、逃げるとしたら
  それはもう取り返しのつかないことが起きた後だ。つらいな。
  やさしい人ほど、変わり果てた後が鬼みたいになるんだ)