デッキリスト「変わらねえ・・」小澤がつぶやく。続唱ジャンドのミラー。お互いのデッキリストは数枚しか違いがない。小澤のレシピに比べると、佐藤のレシピでは《不屈の自然/Rampant Growth》の1枚が土地になっていて、2枚の《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》が《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》になっているくらいの違いだ。

TS3N0041.JPG
小澤毅(左)対 佐藤正隆(右)



Game 1

お互いに土地をタップインしあう立ち上がり。

先に動いたのは佐藤。土地を置くだけでターンを返す小澤に対して、3ターン目は《荒廃稲妻/Blightning》、4ターン目は《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》を召喚する。しかし、小澤はお誂え向きと《瀝青破/Bituminous Blast》。《不屈の自然/Rampant Growth》がめくれ、《達人》が死ぬ。佐藤は後続のクリーチャーが呼べない。5枚目の土地をタップインしてエンド。

今度は小澤が《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》を召喚し攻勢に。そうはいくかと佐藤も《ドラゴン》を合わせるが、小澤は2枚目の《瀝青破/Bituminous Blast》。《終止/Terminate》がめくれて佐藤の《ドラゴン》がまとめて片付く。しかし佐藤も簡単には抜かせない。2枚目の《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》。

小澤は再登場したドラゴンの兄弟を前にちょっと考える。流石に3枚目の《瀝青破/Bituminous Blast》はないようだ。《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》から《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》をキャストし、後続がいることを確認してから《ドラゴン》でアタック。それぞれ佐藤の《ドラゴン》と相打つ。さらに《トリナクス》を追加。

《エルフ》と2枚の《トリナクス》に対して回答の欲しい佐藤。ドローすると「よし」と小さくガッツポーズ。3枚目の《ドラゴン》を叩きつける。

これに対して小澤は黙って《トリナクス》単体のアタック。佐藤は《ドラゴン》でブロックするかちょっと悩んだ末にスルー。ライフは9に。小澤はゲームを終わらせる《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を追加。《司令官》本体こそ《稲妻/Lightning Bolt》で焼くが、佐藤のライフは残り少なく、数の暴力を止められそうにない。回答を引き込めない佐藤を尻目に、小澤は《終止/Terminate》を《ドラゴン》へ撃ち込み、クリーチャーを残らずレッドゾーンへ押し込んだ。


小澤 1-0 佐藤


佐藤「ちょっと引き負けましたね」
小澤「《瀝青破/Bituminous Blast》が無いと(盤面が)戻らないからね」



Game 2

先手の佐藤は2ターン目に《不屈の自然/Rampant Growth》からジャンプするもの、4枚目の土地が置けない。3マナでキャストしたのは《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》。これに小澤も合わせて《トリナクス》。相打った後に佐藤がさらに《トリナクス》を追加。

対する小澤は《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》から《精神腐敗/Mind Rot》。佐藤の手札からは《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》と《血編み髪のエルフ》が落ちる。

佐藤は何とか4マナ目に辿り着くものの、土地が伸びない。悩む。仕方なく《血編み髪のエルフ》から《精神腐敗/Mind Rot》。小澤の手札からは《瀝青破/Bituminous Blast》《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》が落ちる。《エルフ》と《トリナクス》でアタック。《エルフ》は苗木トークン2体と、《トリナクス》は《エルフ》と相打つ。

返す小澤は《荒廃稲妻/Blightning》。佐藤の手札からは《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》と《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》が落ちる。手札はもう無い佐藤だが、《トリナクス》からできた苗木トークンが6体いる。これらとトップデッキで押し込むしかない、と思った矢先に小澤は《包囲攻撃の司令官》。佐藤の足が止まる。

手札のない佐藤に対して、小澤はまだ3枚の手札がある。余裕があるかと思われたが、佐藤がトップデッキしてきたのは《精神腐敗/Mind Rot》。小澤は2枚の手札を捨て、残った《瀝青破/Bituminous Blast》を苗木へ。めくれるのは不運にも《不屈の自然/Rampant Growth》。

ゴブリンと苗木が相打つと、ここからはトップデッキ合戦。

小澤はまたもや《不屈の自然/Rampant Growth》。

佐藤は《包囲攻撃の司令官》。

小澤は土地。

佐藤《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》でアタック。

小澤の最後のドローは《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》。

「間に合ってない・・・」


小澤 1-1 佐藤



Game 3
3ゲーム目は、《荒廃稲妻/Blightning》の応酬になった。

先手の小澤が3ターン目に《荒廃稲妻》を撃ち出すと、返す佐藤も《精神腐敗/Mind Rot》。

小澤は続けて《荒廃稲妻》、佐藤も負けじと《荒廃稲妻》。

さらに小澤はとどめとばかりに3枚目の《荒廃稲妻》。佐藤の手札が無くなる。これまでか―と思いきや、佐藤もトップデッキした《荒廃稲妻》で小澤の手札を吐かせる。

ここからはやはり、トップデッキ合戦。

佐藤が先んじて《包囲攻撃の司令官》をトップデッキし、召喚。しかし小澤もこれを《終止/Terminate》し、返す刀で《若き群れのドラゴン》。このまま終われるかと佐藤はライブラリを力強く叩いてドロー、2枚目の《包囲攻撃の司令官》。盤面に叩きつける。ここで小澤のライフは10、佐藤は11。佐藤の土地は6枚。単体の性能で勝る《ドラゴン》も、ゴブリンの群れを止めることはできない。ターンが返ってきた佐藤はゴブリントークン6体でアタック。通らなかったゴブリンは小澤へ飛んだ。


小澤 1-2 佐藤