決勝戦:森翔太 vs. 村上裕樹 by Mamoru Miura


決勝に勝ち進んできたのは黒緑白ロックスを駆る森翔太と、青白ブリンクを操る村上裕樹。

森のロックスは忠実に"マルカ・デス"を再現したような出来であり、環境の除去とアドバンテージカードを強い順にデッキに入れたようである。《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》については入手が間に合わなかったらしく、《獣群の呼び声/Call of the Herd》で我慢するとのこと。

一方の村上のデッキは本人曰く「ブリンク・ビッグ・ブルー(Blink・Big・Blue)」。青の大型飛行クリーチャーと、バウンス内蔵クリーチャーを《一瞬の瞬き/Momentary Blink》するギミックが主力である。実はこのデッキができる過程に多くのドラマがあったのだが、それを紹介するには多大な時間が必要となるので割愛させていただく。

さて、この二人がどのようなゲームを見せてくれるのか。


Game 1
先手の森が《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》、《樹上の村/Treetop Village》とスタートするのに対し、村上も《冷鉄の心臓/Coldsteel Heart》とお互いにゆっくりとした立ち上がりを見せる。

その後も双方大きな動きはなく、村上が《入念な考慮/Careful Consideration》で手札の整理をしているうちに森の《樹上の村/Treetop Village》が2度ほどアタック。しかし《ファイレクシアの鉄足/Phyrexian Ironfoot》の登場により足が止まってしまう。

村上は続けて変異(《憤怒の天使アクローマ/Akroma, Angel of Fury》)をプレイ。ターンエンドに《殺戮の契約/Slaughter Pact》が飛んでくるのに合わせて《一瞬の瞬き/Momentary Blink》しようとするも、更にレスポンスでキャストされる《突然の死/Sudden Death》によりアクローマは無念の死を遂げてしまう。

返す刀で森は《墓忍び/Tombstalker》を呼ぶが、村上は《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》でお茶を濁しつつ《ファイレクシアの鉄足/Phyrexian Ironfoot》で攻撃。しかし森は落ち着いて《滅び/Damnation》をプレイし、場をリセットする。

村上は《マハモティ・ジン/Mahamoti Djinn》を召喚し再攻撃の構えを見せるが、森は《調和/Harmonize》から《叫び大口/Shriekmaw》で対処。逆に《獣群の呼び声/Call of the Herd》で攻めに転じるのを村上は《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》でいなす。

一進一退の攻防が続くが、2枚目の《調和/Harmonize》と《無残な収穫/Grim Harvest》により森がアドバンテージ差を徐々に付けていく。森のダメージソースである《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》と《樹上の村/Treetop Village》を村上は《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》で牽制。

これを突破するために森は《滅び/Damnation》を唱えるものの、《謎めいた命令/Cryptic Command》によるカウンター。続けて3枚目の《滅び/Damnation》をキャストするが、これも《吸収するウェルク/Draining Whelk》で華麗にキャッチする村上。

続けて《滅び/Damnation》をカウンターされた森は、次のターンで《無残な収穫/Grim Harvest》で《叫び大口/Shriekmaw》を回収し即プレイ。ここで村上は森の顔色を窺う。墓地の《一瞬の瞬き/Momentary Blink》で《吸収するウェルク/Draining Whelk》を"ちらつかせ"ればこれをカウンターできるが、森がそれに対応してインスタントの除去を使うと《吸収するウェルク/Draining Whelk》が死んだ上に《叫び大口/Shriekmaw》で《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》まで死んでしまうからだ。
ここまで森は墓地の《一瞬の瞬き/Momentary Blink》の存在を意識しておらず、村上が小考している間に気がついたらしく、ハッとした表情を見せた。これを見た村上は《一瞬の瞬き/Momentary Blink》をフラッシュバックする。森危うし――――というのは杞憂だったようで、落ち着いて手札にあった《恐怖/Terror》をキャストすると、村上は静かにカードを片付けた。

森 1-0 村上


Game 2
村上の先手2ターン目、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》待機からゲームがスタートした。対する森は《肥沃な大地/Fertile Ground》でマナを伸ばし《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》を置く。

土地が1ターン止まってしまったものの4マナまで辿り着いた村上は、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》と《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》で森の《肥沃な大地/Fertile Ground》付き土地をバウンスし攻撃に移る。しかし森も《突然の死/Sudden Death》と《叫び大口/Shriekmaw》でこれに応じる。

一度場が綺麗になった後、村上が満を持してプレイしたのはサイドボードから投入した《剃刀毛のマスティコア/Razormane Masticore》。

村上「これ(《剃刀毛のマスティコア/Razormane Masticore》)殺せるカードって《滅び/Damnation》しかないよね?」

してやったりと村上。しかし森はすまし顔で

森「《殺戮の契約/Slaughter Pact》です」

おおマスティコアよ、死んでしまうとは情けない。あっけなく墓地に落ちる銀色の獣を横目に、村上は悔しがりながらも変異、《ファイレクシアの鉄足/Phyrexian Ironfoot》と並べて攻撃続行の構え。だが悲しいかな、これも森は《滅び/Damnation》であっさり捌いてしまう。

逆に森は《獣群の呼び声/Call of the Herd》をプレイ、象トークンに《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》を装備してビートダウンを開始。受けに回った村上は1体目のトークンに対し《謎めいた命令/Cryptic Command》、2体目に対し《神の怒り/Wrath of God》、更に後続の《収穫するものテネブ/Teneb, the Harvester》に《神の怒り/Wrath of God》と、苦しい防戦が続く。

森は続けて《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》でビートダウンを敢行。村上の残りライフを削りにかかる。残り少ない手札から呼び出された《ファイレクシアの鉄足/Phyrexian Ironfoot》が《突然の死/Sudden Death》で除去されると、《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》を止めるカードは最早無かったようだ。

森 2-0 村上