準々決勝:大橋 岳(黒赤吸血鬼) vs 斎藤 亮太(Caw-Blade)

by Kohei Fuji

大橋は当大会でも既に2回の優勝経験を持つ吸血鬼マニア。「ゼンディカー・ブロックがスタン落ちしたら《吸血術士/Sangromancer》と《ドロスの大長/Chancellor of the Dross》で頑張るのだろうか」などと噂されている。かたや斎藤は、コントロールの皮を被ったビートダウンと称されるCaw-Bladeでここまで勝ち進んできた。新たなるファイレクシアの強力な装備品の恩恵を受けたトップメタデッキは、その風格を見せつけることができるのか。注目の一戦が幕を開ける。

Game1

お互いマリガンなし。先手の斎藤は《定業/Preordain》で手札を整理してエンド。返すターン、大橋は《鼓動の追跡者/Pulse Tracker》を召喚。それに呼応するように、斎藤は《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》から「スイカバー」こと《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》を調達。フォーマットを問わず見られる光景だ。大橋はノータイムでこれを《喉首狙い/Go for the Throat》。

斎藤は《戦隊の鷹/Squadron Hawk》でブロッカーを用意するが、《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》によってキャッチされてしまう。それでも《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》で防御姿勢を維持するが、これも《稲妻/Lightning Bolt》で除去されてしまう。斎藤は負けじと2匹の鷹を追加。《鼓動の追跡者/Pulse Tracker》のブロックに成功するものの、既にこの1/1からは7点ものダメージを受けている。現在斎藤のライフは9。

斎藤は以降もブロッカーを用意するが、大橋は《四肢切断/Dismember》でこれを退け、斎藤のライフを1まで落とす。斎藤も《精神を刻む者、ジェイス/Jace,the Mind Sculptor》で《鼓動の追跡者/Pulse Tracker》をバウンスしてみるが、吸血鬼たちの猛攻を食い止めることはできなかった。

素早いクロックと溢れんばかりの除去で、大橋が軽快にビートダウンして見せた。

大橋 1-0 斎藤

Game2

ファーストアクションは斎藤の《戦隊の鷹/Squadron Hawk》。大橋は《カラストリアの貴人/Kalastria Highborn》で応じる。斎藤はこれを《糾弾/Condemn》。このマッチでは《四肢切断/Dismember》よりよっぽど役に立つ除去だ。大橋はデッキのエースクリーチャー《恐血鬼/Bloodghast》をプレイ。斎藤も鷹を追加して構える。

大橋は第2メインで《強迫/Duress》をキャスト。斎藤から公開された手札は、《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》《審判の日/Day of Judgment》《精神を刻む者、ジェイス/Jace,the Mind Sculptor》《島/Island》《戦隊の鷹/Squadron Hawk》×2というもの。大橋はジェイスをディスカードさせ、《臓物の予見者/Viscera Seer》を追加してターン終了。

斎藤は《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》をキャストし、すぐさま鷹に付けてアタック。しかし返すターン、大橋は渾身の一撃《躁の蛮人/Manic Vandal》を着地させる!斎藤も負けてはいない。スイカバーは囮だったのか、《戦争と平和の剣/Sword of Wqr and Peace》をキャスト!大橋が思わず呻く。斎藤はこれを鷹に背負わせてアタックし、ダメージレースのイニシアチヴを掌握しにかかる。

次の斎藤のアタック時、大橋は剣の付いた鷹に《喉首狙い/Go for the Throat》。斎藤は《精神を刻む者、ジェイス/Jace,the Mind Sculptor》のブレインストームから《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を召喚し、暴力的な装備品《殴打頭蓋/Batterskull》をサーチ。大橋はブロッカーである《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》に《稲妻/Lightning Bolt》をあてて、ジェイスを葬ることに成功。

斎藤は《審判の日/Day of Judgment》で戦場を無人にした後、《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》に《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》を装備させ、毒殺プランへとシフト。大橋はこの隙に《強迫/Duress》で《殴打頭蓋/Batterskull》に対処。斎藤は構わずアタックして、毒を盛っていく。勝負ありと思われたが、次の斎藤のアタックで大橋の手札から飛び出す虎の子、《圧壊/Crush》!!いつ引いたんだという感じである。大橋の毒は現在7。

斎藤は毒殺プランを完遂すべく、《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》を出すも、大橋が温存していた《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》ですぐさま退場。これには斎藤も苦しい表情。斎藤のライフは9へと落ち込む。

斎藤はアタックで大橋の毒を8に。しかし返すターン大橋は《カラストリアの貴人/Kalastria Highborn》をトップデッキ!《臓物の予見者/Viscera Seer》とのゴールデンコンビが完成する。毒殺を目指す斎藤とライフを狙う大橋。どちらが間に合うのか?

斎藤は《四肢切断/Dismember》で《カラストリアの貴人/Kalastria Highborn》を除去するが、ファイレクシア・マナのコストと貴人のトリガー能力によるライフロスが響き、返しのパンチを防ぎきることはできなかった。

大橋 2-0 斎藤