決着、そして・・・


4回戦で白単トークンに勝ち、5回戦で赤黒ブライトニングに負けて3勝2敗のマサタカくん。6回戦は青白《蔵の開放/Open the Vaults》デッキとの対戦です。


要所要所にカウンターを当てていっての勝利。


4勝2敗で結果は・・・惜しくも10位。トップ8入りはなりませんでした。



一方、フジさんは4回戦で白単兵士に負け、5回戦で青白黒《目覚ましヒバリ/Reveillark》デッキに引き分け、2勝2敗1引き分け。迎えた6回戦は青黒赤のバーンデッキです。


1ゲーム目は《ボール・ライトニング/Ball Lightning》や《苦悩火/Banefire》が決まり負けてしまいますが、残りの2ゲームはサイドボードから投入した《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》が無双して勝ちました。これで3勝2敗1引き分けです。




今回の大会では、16位までに賞品としてゼンディカープレリリーストーナメントの500円割引券が授与されました。フジさんは13位でした。写真は賞品を主催者から渡されている図(実際はこんな受け取り方をしなくても構いません(笑))。

「ベスト8には届かなかったけど、勝ち越せたので良かったです。割引券も頂きましたし、来週のプレリリーストーナメントにも行きますよ!」




6回戦を見事勝ち抜き、トップ8に残ったのはこの8名の方々。あなたもこんな風に写真に載る日が来るかも!?


トップ8のプレイヤーにより行われる準々決勝の様子。予選ラウンドとは違い、シングルエリミネーションなので一度負けるとそこでおしまいです。この緊張感が大会の醍醐味というプレイヤーもいます。



いかがだったでしょうか?少しでも大会に出てみたいと思うきっかけになったのなら幸いです。いきなり参加するのが怖いなら、見学もできますので、まずは会場に足を運んでみてください。あなたと会場で会えるのを楽しみにしていますよ!