※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇族大将軍ウケッセン

ハッテン国王軍最高にして最強の戦士
王家の一族『薔薇族』の血を引き、軍のみならず、
国政のあらゆる面に対して強い発言力を持つ
「その壺、大海の如し」と呼ばれるほど寛大な性格で、
民衆からの政治や軍部への不満や部下の失敗を一手に引き受け、
あらゆる民衆の非難や軍部の責任の一切を受け入れる器と、それに応える実力を持つ
それ故に、荒くれ者の多いハッテン王国の中にあって、各面から強い信頼を受けており、
前王ミチシタ・ウートイレ・テイクニク8世に王位交代を提言されたほどであった
その際、
「王は傲慢に民に命じ、民衆は王を非難するものです。
 私の役目は王の無理な命令を受け入れ、民の強い不満を受け入れ、
 それを悦びとして動き、両者の喜びとすること、ただそれだけに御座います」と王を諭したという

しかし、温和な彼も、ひとたび戦場に勃てば、
王国秘伝の禁断の槍『ゲイホルグ』を振るい、
その穂先を血と汚物に染める鬼神と化す