※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神聖ホウケ帝国

カワーマル初代皇帝により建国。
最強を誇るホウケ帝国の兵士の鎧は、ホーヒと呼ばれる兜が特徴的であり
全方向からの攻撃に対し頭部を守ったため『パーフェクト・ガード』として
恐れられた。しかし、ひとたび鎧を脱ぐと繊細で敏感な者が多かったという。
カワーマルの3人の皇子、カントン・カセイ・シンセイにより
神聖ホウケ帝国の勢力はゆるぎないものとなる。

3人の皇子の弟であるズルムーケは親兄弟から激しく憎まれ、
何度も暗殺の標的となり、後にアクメス王朝の庇護を受ける事となる。

【この国に関連する主な人物】
・初代皇帝カワーマル
・カントン
・カセイ
・シンセイ
・ズルムーケ
・仮面の麗騎士ハイテル・ビガルパンツァー
・魔性の妖剣士ユダ・スィンセー・チリョーチ
・オーラル騎士団団長ディンガス・ベローン・マーズ
・ロイヤルナイトクシャイ・ティンカス
・ハイテル騎士団副団長カースニオ
・クリニク上野