※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モート公国

イマラチ王国に隣接する国であり
そのトップはシニターオ・ウツダ公爵である。
小国でありながらその軍事力はかなりのものであり、
領土拡大のため度々イマラチ王国に戦いを仕掛けている。
なおアクメスの師として有名なボッチベンジョ・デメシク生誕の地でもある。

その国の民は、一般的にまじめな性格のものが多いが、
隣国との外交は不得手なようである。
常に侵略の危機にさらされ、リア獣とよばれる魔獣や、
顔を黒く塗り髪を獣の色に染めるドゥキュソウと呼ばれる蛮族に攻撃されている。
しかし、小国といえど常に独立を保ち、独自の文化を形成している。
一時期、シャブレイ1世により
領土内のシン=ヤーニメ族の娘が拉致される事態に陥ったが、
「シン=ヤーニメの娘は、我が嫁!!」を合言葉にこれを奪回したこともある。
他の部族よりも魔法の素養に優れ、
二次元と三次元を自由に行き来出来るほどの大魔道の使い
手がいる反面、天と地の間にある「空気」の流れを読み解く才能が無いに等しい。

【この国に関連する主な人物】
・マスカーク・モート公爵
・シニターオ・ウツダ公爵
・商人ヘヤコモリ・ミルポルノ
・宮廷魔導師にして軍師メコホシー・コーレドッティ
・発展途上の美姫アスカ・ラフォンキー・ダース
・モート公私有軍軍団長ジイ・カワオナル
・全てを拒絶する隠者ベン・ジョメイシー
・世捨て人ジューカン
・パイ・ポロ
・イークンドーを極めた男ウルァース・ジー
・時代の救世主イディー・インポテンツァ