Experiment4:Participant Processing Strategies on the Critical Trial


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原典購読 入口




被験者

実験4 
被験者
20人(男11人女9人)の、新たに加えられた神経が正常な大学生、または正常な視力を持っている参加者。
以前のIB研究のために、一人の追加された参加者のデータは切り捨てられた。
報告や報酬は実験1と同じ
刺激、手続き、実験デザイン
刺激と手続きは実験1で使われた、課題に妥当でない状況に基づいている(図3の適度な視覚負荷状況を参照)。
そこでは、被験者は3つの文字を予期するようい合図をだされるが、それに続く画面には2つの文字と四分円の右下に予期していない四角が含まれた。
実験1との唯一の違いは、文字(そしてクリティカルな試行でのクリティカルな刺激)は、125msしか提示されない(実験1の200msと比較して)。dependent measureは、提示率が下がった状況で、被験者はクリティカルな試行で予期していない刺激に気付いたと報告できるかどうかである。

結果

IB分析
被験者はみな、追加された文字は予期していたが、65%の人は予期していない四角形を報告できなかった。
図5で見ることができたように、実験1と比べて実験4の課題に妥当でない予期の状況では、被験者がIBを予期する割合に有意な差があった。
このように、この実験で使われた短い刺激の持続は、IBの分析結果に有意な変化をもたらした。
クリティカルな試行で、一つを例外として被験者が正確に両方の文字を言えたことに価値はない。
主要な文字を間違っていってしまった被験者はクリティカルな刺激を検出できた。
注意を分離した試行では、実験1の200ms刺激を提示して0%だったのと比べ、予期していなかった刺激を検出できなかった被験者は30%だった。
細心の注意を払った試行ではIBは現れなかった。細心の注意を払った状況下でクリティカルな刺激を知覚できることの証拠である。
付加された刺激を報告できた被験者はみな、正確に位置を同定できた。
しかし、ある参加者は、付加された刺激に気付いたにもかかわらず、幾何学的図形を同定できなかった。
主要な課題での全体的な正確さ
最初の4試行を通して、気づいた人と気付かなかった人の間に文字の報告の正確さに有意な差は見られなかった。



Discussion

実験4では、課題と関係のある付加された刺激を予期していたにもかかわらず、被験者は高い割合でIBを示した。
すべての被験者は課題に妥当でない合図を受けていたが、IBの比率は、実験1で使用された課題と妥当でない状況より、この実験のほうが有意に高かった。
IBの増加は文字が125msしか提示されなかったことによって、タイミング操作の後に起こった。
この結果は被験者が計画的なやりかたでクリティカルな画面、つまり文字とクリティカルな刺激を処理しているという予測を支持するものである。
提示時間の減少にともなって、被験者は課題と関連した項目を超えて、アレイを処理することはできなかった。
IBは文字の同定の正確さを妨げない。また、予期してない刺激に気付いたただ一人の被験者は課題と関連のある文字両方を同定できなかった。
この傾向は、処理が課題(画面の十字線上の文字を報告する)と数の予期に従っておこなわれるという考えと一致する。
この点で、クリティカルな疑問は注意セットの解釈と同様に、数に関する予期の重要性について生じてくる。
IB率の有意な減少、すなわち被験者が付加された刺激を予期し、アレイを処理する十分な時間があった(実験1~3)ということは、数に関する予期はセットに不可欠な要素であるということを示している。
しかしながら、我々の特定の予期の妨害は被験者が主要課題を行う方法を変化させたという見方も可能である。つまり彼らが重要な文字を見逃したため、活動的にこの刺激を見つけ出し、それゆえに(時間が可能にした)クリティカルな刺激を検出したということである。
実験5では、数に関する予期は反対の方向(指示)で妨害される。
被験者は一つの文字を予期するように合図されるが、それに続くクリティカルな画面には、前のと同じ適度な知覚負荷の状況と、以前使用された200msの提示が含まれていた。
つまり、2つの文字と、予期していない四角形である(図3を参照)。
明確にする目的で、今後我々は数字の妨害の方向(指示)に従って、課題に妥当でない状況を区別するものとする。つまりovercue(実験1~4)とundercue(実験5)である。
述べられているundercueの妨害は、主要課題を完全にするために、被験者の方略の変更を要求しないし、処理の継続(または見ること)も要求しない。

そのようにして、IBの低い率は、主要課題の数に関する予期の上向きまたは下向き(?)の妨害の後、自然に情景処理を継続し、それゆえにさらに付加された刺激をより検出しやすくなる。
対照的にIBの高い率は、被験者の数に関する予期が主要課題を完全なものにするために彼らを活動的に、さらに課題に関連した刺激を探すよう導いた場合において、課題に妥当でないovercue(実験1~3)を受けて予期してない刺激の検出が向上したことは、方略の変更が原因であるかもしれないということを示すだろう。






単語
duration 持続、継続
profile 分析結果、統計データ
significantly 有意な、大いに
testament 証、証拠
perceptibility 知覚できること
discern 識別、同定
geometric shape 幾何学的図形
aspect 様子、外観、状況、解釈
from here on 今後
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。