Experiment3:Systematic Variarions in Numerical Expectation~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

実験3
【方法】
 参加者
 正常、または正常に修正された視力をもつ80人(男性38人、女性42人)の、新しい神経学的に健康な大学生(17~28歳で、平均21.07歳)が。実験3に新しく入れられた。40人の参加者は、ランダムに、低い知覚負荷の状態に割り当てられ、
残りの40人は高い知覚負担の状態に割り当てられた。情報の聞き出しと補正は、実験1を参照すること。
 刺激・手順・実験的計画
 批評の不注意と、連続の分けられた試みと、十分に注意された試みを除いて、刺激と手順は、実験1で利用されたのもと区別された。実験5、6、7で、表示された十字は、実験3の40人の参加者のために1つの文字を特徴づけた(低い知覚負担の状態の、図3を見よ)。20人の参加者は、1つの文字(根拠のある課題の予期の状態)を予測するきっかけを与えられ、20人は、2つの文字(根拠のない課題の予期の状態)を予期するきっかけを与えられた。比較して、表示された十字は、実験3b(高い知覚負担の状態の、図3を見よ)で、40人の参加者に、3つの文字に特徴付けられた。20人の参加者は、3つの文字(根拠のある課題の予期の状態)を予測するきっかけを与えられ、20人は、4つの文字(根拠のない課題の予期の状態)を予期するきっかけを与えられた。 実験1で、予期しない正方形が、低い知覚負荷と、高い知覚負荷の両方の状態で、低い方の右の四分円に現れた。



【結果 実験3a 低い知覚負荷】
 非注意性盲目の分析:低い知覚負荷の状態における予期のための、統計上の重要な効果はなかったが、その結果は、実験1と2で観察された、似た傾向を示した。
 非注意性盲目は、試みに対する、根拠のない課題の予期を受け取った10%の参加者と、根拠のある課題の予期を受け取った35%の参加者によって示された。分けられた注意の試みにおける非注意性盲目の割合は、根拠のない課題と根拠のある課題の予期の状態では、参加者にとっては同じであり、十分な注意の試みでは、非注意性盲目は現れなかった。付加刺激を報告した全ての参加者は、正確にその位置を同定した。しかし、何人かの参加者は、付加刺激に気付いたにも関わらず、その幾何学の形を見分けられなかった。主要な課題の全体の正確さ:最初の4つの試みを通して、気付いた人と気付かなかった人たちの間で、文字に名前をつける正確さにおいては、重要な違いはなかった。



【結果 実験3b 高い知覚負荷】
 非注意性盲目の分析:高い知覚負荷の状態において、予期に対する実質的な効果があった。重大な試みにおいて、非注意性盲目の割合は著しく低かった、参加者が根拠のない課題のきっかけを受け取ったときの25%と、根拠のある課題のきっかけを受け取った75%と比較して。主要な注意課題の正確さと、重大な課題における予期しない刺激の知覚との間には、相互関係はなかった。
 分けられた注意課題の中で、非注意性盲目における違いは、参加者が根拠のない課題のきっかけを受け取ったときの10%と、根拠のある課題のきっかけを受け取った25%と比較して、重要ではなかった。十分な注意課題では、非注意性盲目は現れなかった。付加刺激を報告した全ての参加者は、正確にその位置を同定した。しかし、何人かの参加者は、付加刺激に気付いたにも関わらず、その幾何学の形を見分けられなかった。主要な課題の全体の正確さ:最初の4つの試みを通して、気付いた人と気付かなかった人たちの間で、文字に名前をつける正確さにおいては、重要な違いはなかった。
 非注意性盲目は、低い、平均的、高い知覚負荷のレベルにまたがった(?)。
 非注意性盲目の、知覚負荷の異なるレベルにまたがる側面をさらに調査するために、私たちは結果を分析した。その結果とは、実験1で用いられた平均的負荷の状態と、それに並んで実験3aの低い負荷と実験3bの高い負荷状態から得られたものだ。根拠のない課題の予期のきっかけを受け取った参加者にとって、低い時は10%、平均的な時で10%、高い時で25%の知覚負荷の状況で、非注意性盲目の割合に重大な違いがあった。
 この結果は次のことを指し示す。参加者が、主要な課題において付加項目を予期する時、この課題に知覚負荷のレベルを増やすことは、非注意性盲目の割合も、統計上の重要な増加による産物ではない。根拠のある課題を抱えた参加者たちにとって、低い時は35%、平均的な時で65%、高い時で75%の知覚負荷の状況で、非注意性盲目の割合に重大な違いがあった。より計画に沿って行われた分析が、以下のことを示した。知覚負荷が低い時と平均的な時の間にある非注意性盲目の割合の違いは非常に大きいが、知覚負荷が平均的な時と高い時の間の違いは、それほど
大きくはなかった。
 根拠のない課題と根拠のある課題の予期と、知覚負荷のレベルと、その後に来る非注意性盲目との関係は、図4に示されている。



【考察】
 実験3の結果はthat以下を示す。予期は、非注意性盲目における知覚負荷の様々なレベルで異なったように影響する。主要な視覚課題の注意要求が低い時、予期は、予期されない視覚刺激の発見において、よりわずかな役割しか演じない。
 これらの発見は、私たちに以下のことを許可する。非注意性盲目における予期の役割の、以前の調査での解釈を提供することを。
 例えば、マックとロックは、初期の非注意性盲目研究の予期において、決定的な効果を生み出すことが出来なかった。というのも、彼らが、注意要求がない、又は低い課題を使っていたからである。彼らが、ある研究において、注意期間を拡大し、それによって注意要求が増えたとき、予期に対する効果が明らかになった。
 マックとロックの結果を反映すると、最初の研究の発見は、that以下を示す。主要な課題の難しさの確かなレベルは、予期が影響する非注意性盲目の割合の前に要求されている。
 リースとラビーは示唆した、不適当な課題の刺激は、いつ十分な予備の注意能力があろうとも、特に低い知覚負荷のもとで知覚された。 この考えによると、視覚的刺激を抑制する能力は、常に自発的ではない。低い負荷の状態のもとでは、参加者は、高い負荷の状態のもとで十分に抑制された項目を無視することは出来なかった。この、無意識知覚の考え方の基礎の上で、参加者の予期は、本来は低い注意要求と共にある課題の中の、予期しない刺激の知覚を反映するべきではない。
 ここにその理由がある、自発的行動は、意図に縫い目無く付随するのだとしても、非自発的行動や、この場合は非自発的知覚は、明確な特性と共にある項目を発見するためだけに予期に追われた意図は、独立的に発生するだろう。
 実験3における高い知覚負荷の状態からの結果も、私たちの知覚負担理論に対する現在の理解のために、大切な暗示を持っている。
 カートライト・フィンチとラビーはthat以下を示唆した。不適当な視覚刺激の知覚は、決定的に、主要な注意課題の中での知覚負荷に依存していると。個人の予期と意図の中での変化に反して。
 この推論は、知覚負荷は予期が一定に保たれている間に操作された、という研究から現れた。 以前の研究では、予期と知覚負荷は両方とも操作されていた。
 低い知覚負荷の状態からの結果は、予期は非注意性盲目の割合を反映するために発見されたのではないという、カートライト・フィンチとラビーの提案を支持する。しかし、高い知覚負荷のレベルでは、予期は、予期しない重要な刺激の発見に意味深く影響するということが示された。
 その結果はthat以下を示す。不適当課題の刺激が発見されるかどうかの決定の、
十分な予備の注意能力の有用性だけでなく、視覚的配列の中での、多くの適当な項目についての、個人の予期でもあった。十分に高い知覚的要求と共にある、非注意性盲目における予期の役割のための、これらの発見が与えられると、次に私たちは、過程の最終的発見もまた、非注意性盲目の役割を演じているかどうか、
ということを調べた。私たちは提案する、根拠のある課題の予期のきっかけを受け取った参加者は、一度、適当な数の項目が区別されたのを、処理する(?)ことを終わらせたかもしれない、そして、その場でより増える不適当な項目を発見するのを妨げる。
 対照的に、根拠のない課題の予期のきっかけを受け取った参加者は、主要な課題の要求の上にある配列に注意するかもしれない、彼らの、ディスプレイに対する最初の予想が、適当な課題の項目数を予測することを、明らかにするのに失敗したため。ここでの含蓄は、重要な刺激は、適当課題の項目の後に処理されるということだ。実験4で、私たちは、参加者が配列を処理しなければならない、膨大な時間を減らすことによって、この提案を調べた。
 もし参加者が組織的な計画を利用するとしたら、彼らが彼らの予期する数に到達するまで、心の中で項目を数える。根拠の無い課題の予期における重要な刺激のための、高い非注意性盲目は、処理のための減少させられた時間と共に予想された。
 もし、しかし、項目が非組織的方法によって処理されたとしたら、全体の実行は、減少させられた提示時間を断るために予期されるだろう。
 これは、参加者がますます予期しない刺激の、非注意性盲目に弱いに違いない。その上、主要な課題における実行もまた減少する。
 実験4は、これらの実験1で示された、根拠のない課題予期の状況を利する、処理戦略についての競争した仮説を調べた。それは、重要な試みで、3つのきっかけが表示よりも先に起こった、2つの文字、そして付加された正方形を保ちながら。図3の、平均的な知覚負荷の状況を見よ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。