Category and Location


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

存在するパラダイムは第一に数的期待を操作するように計画された。

しかし、実験4から参加者も、(task-valid locationである)ディスプレイの十字の腕の上の

(task-valid categoryである)文字を予測している限りでは、カテゴリと位置両方に対して

準備状態を持っていることは明らかである。

実験4では、125ミリ秒刺激の提示時間を減らすと、有意に

主要課題項目の予測された数と気づかれた数をくいちがいのために、処理の終了を不可能にすべき

task-invalidの手がかりを受け取っているにもかかわらず、

ほとんどの参加者は予測不可能な項目を検出できなかった。

注目すべきことは、1人を除いたすべての参加者は文字を正確に報告したが、半分より少ない

人は重大な刺激を検出したことである。

これらの結果は、配列の処理は最初カテゴリか位置によって、そして時間が許せば

後に数的手がかりによって行われるという提案を導いている。

 IBの位置に基づく要因を調べた研究は、個人は予測不可能な刺激が注意項目の最も近くに

現れたとき、よりそれを検出する傾向があることを裏付けている。

マックとロックは、刺激ディスプレイが十字を含んでいる場所では、個人は注意スポットライトを

要しそれゆえに十字の腕によって輪郭を描かれた全体の範囲に注意を向けると提案している。

しかし、現在の研究において、多くの実験参加者は、刺激が2つの文字の間で見たところ

最もわかりきった場所に位置しているときでさえ、注意の範囲内の位置にもかかわらず、

予測不可能な刺激を検出できなかった。(実験2参照)

参加者が、予測不可能な四角のどちらかの側面に位置している2つの文字を正しく報告したことは、

注意スポットライトは分裂する、もしくは多様のスポットライトが要され、接触していない空間の

範囲内の注意を促進しているという考えを支えている。


Integrating the Present Study with the IB Literature

 現在の実験の一連において、手がかりは参加者に主要なletter-naming課題の中で検出される

文字の数に対して注意するよう促している。

task-validな手がかりは、参加者が注意を要求する主要な項目の数について前もって

知らされている、もしくは項目の数が実験の試行を通して不変に固定され絶対的な数的手がかりを

与えている以前の実験において使われている教示に類似していた。(table2参照)

驚くことではないが、この手がかりを与えられた参加者に関する結果のパターンは、

以前のIB研究に一致していた。

特に、実験の一連は、知覚的負荷を増やすとIBの割合が増えたという点で、以前の発見を

裏付けた。

この結果は以前に予測と後の意志はIBにとって重要ではないという提案をもたらす一方、

task-invalud-cueの手がかりの包括はこの解釈に挑戦することに討論を用意している。?

 実験1-4にわたって、task-invalidの手がかりはby one?主要な課題の文字の数を強調

しすぎている。

そういうものとして、この手がかりは視覚的配列、つまり、主要課題の2つの文字と予測不可能な

主要な刺激(例えば、予測不可能な四角を加えた2つの文字を含む配列がおかれた3の手がかり)

における項目全体の数を説明している。

処理時間が大きくなると(200ミリ秒)、この手がかりの状況におけるIBの割合は低く、

3つの知覚的負荷の状態(低い=10%、普通=10%、高い=25%)にわたって、有意に異なっていない。

実験5では、task-invalidの手がかりはby one?(例えば、予測不可能な四角を加えた2つの

文字の同じ配列を成果気宇においた1の手がかり)、主要課題の文字の数を少なく言っている。

IBの割合は同等の(普通の)知覚的負荷のレベルでovercueの状況において示されたものと

一致している。(10%)

ここでの暗示は、予測不可能な刺激が報告されるかどうかを決めるのは、注意の有効性だけでなく、

さらに課題に関係した項目の数についての予測だ。

この予測が主要課題の配列によって外れた実験では、参加者は処理を終了せず、

それゆえに予測不可能な刺激をより検出する傾向にある。

数的予測は主要課題が完了されるかどうかということについての情報を与えるセットの

ただの側面にすぎない。

満たされた予測は、終了してよいという承認を与える。個人の予測が外れることは、

主要課題が行われる方法を変えないが、むしろ数的予測が欠乏しているようにこの終了を

不可能にする。


Conclusion

 比喩的に、個人はしばしば特別なゴールや成果の獲得の上に視覚をセットする。

IBの論文は、この視覚セットは実験的な同義を持っているということを裏付けている。

すなわち、もし予測不可能な項目が検出しようとするものと特徴を共有しているなら、

人はよりそれに気づく傾向にあるということだ。

現在の実験はIBにおいて数的予測の役割の最初の研究を与えている。

その結果は、視覚野における項目の数についての個人の予測は、次の項目を知らせ、

予測不可能な刺激の検出に影響するということを示している。

さらに、予測は、ますます増加する課題に課された知覚的要求としての重要性を

強めることを想定している。

 見る人の予測はIBに影響するという提案に対する異議が存在することは、

極端な場合、この予測と検出の間の提携は、個人が視覚世界において

見るための準備をしていないものを見るということを予測しているという主張を

含んでいる。

しかし、この異議は予測とIBの間の関係を間違って組み立てている。

IBは個人が特別な項目を予測しないからという理由だけでなく、処理の方針が

偏っていて注意セットと一致しない項目が検出されないというこのような程度に

おいて個人が注意を向けられた項目を予測しているからという理由で生じる。

したがって、たくさんの人による「あなたが見ているものはセットしているものだ」

という主張において重大な事実がある。

数的セットの場合には、私たちは、主要課題において「あなたがセットしている

ものと獲得したもの」の数的一致があるとき、課題に関係ない項目がますます

IBに弱いというこれらの発見を考慮してこのキャッチフレーズを更新する必要が

あることを提案する。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。