Overview of Experimental Series~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●Overview of Experimental Series
次の一連の実験の中で、参加者に提示された適当な課題の項目の数が、視覚の表示のなかでtask-relevantの項目の数についての注意の集合や予想に一致するとき、個人がIBの影響を受けやすくなるかどうか我々は調査した。我々はまた、数の予想が刺激や課題の要素(予期しない刺激の位置も含む)、初期の注意課題の知覚的負荷のレベルや処理に利用できる時間の長さと相互作用するかどうか調査した。実験1では、参加者は妥当性のある課題の数の手掛かりなのか、適当な課題の項目の数を誇張した妥当性のない課題の手掛かりかのどちらかを受け取った。われわれは数の予想は満たしている(妥当性のある課題の予想状況)参加者は高い確率でIBであると推測した。実験2では、私たちは適当な課題の項目、つまり直接的に2つの報告できる文字の刺激の間に定義される、連続した注意のゾーンの中に重要な刺激をおいた。この実験は重要な刺激の空間的な位置づけが、数の予測の効果を修正するかどうか調査した。実験1と実験2から、知覚的負荷は異なる予測の状況を通して一定に保ち続けたのだが、実験3は両方が体系的に操作されるとき、予想の相互作用や知覚的負荷があるかどうかを調査するために、様々な知覚的負荷のレベルを用いた。実験4では、視覚的整合の中の項目の順番は処理されるのか調査するために刺激を与える時間を200msから125msに減らした。実験1から4を通して、妥当性のない課題の手がかりは適当な課題の項目の数を誇張した。この予測の妨害は追加の項目の調査を修正するかもしれない。実験5ではundercue(つまり、初期の課題の項目数を1つだけ少なく言う刺激)が使用された。実験6では数の手掛かりを何も与えないことで、数の予想が観測者の注意の集合の重要な側面なのか、またその代わりにそれが指定され、のちに妨害される点からのみ重要であるのかどうか、我々は確かめた。

●Experiment: Valid and invalid Numerical Expectations

方法
参加者:参加者は、正常、または正常になるよう矯正された視覚をもつ(18歳~26歳、M=20.75)40人(男性:21人、女性:19人)の神経学的に健康な大学生である。以前のIB研究の実験があるため、一人の余分の参加者からのデータは廃棄される。参加者は実験の完了に十分に守秘義務を課せられ、時間の報酬としてAU$5を受け取るものとした。

器具:実験は全体の補助グループのパソコンを作動させ、フレームの割合は100Hzで操作し、空間解像度は1280×800ピクセルである。見る距離はモニターから57㎝の見る距離を固定した共同の(?)あごと額の支えを使用することで維持された。

刺激:刺激はMacromedia Flash MX Professionalのバージョン7.0を使用して原案を作成され、プログラムされた。明確化しない限りでは、刺激はルミナンス79.8cd/m の灰色の背景に黒にした。黒い像はルミナンス0.25cd/m2で、Weber対比の1.0の減少を与えた。各々の試行は、水平で垂直な腕が幅は視覚の角度の0.1°、長さは8°を測ったまま
中央に置かれた十字の表示の提示で始まった。数の手掛かり(寸法は高さ0.5°、幅0.3°)は、ルミナンス105.7cd/m2で、0.32のWeber対比の増加で、中心に置かれた黄色い四角(寸法は直径1.4°)のなかに現れる。文字は十字の中心から2.3°のところで、十字の表示の4つのどの腕にも現れうる。文字は約高さ0.5°、幅0.4度である。予期しない刺激の寸法は一辺0.7°の黒い四角である。重要な試行では、十字によって定められたとき、この四角は右下の象限に現れる。四角形の中心は固定されたところから2.3°の距離で各々の十字の定められた腕から45°の角度で置かれた。それでもなお明確化しないのならば、同じ刺激はこの文章中で書かれたすべての実験で同じ刺激が使われた。

手順:参加者はスクリーンの中央に固定し続けるよう教えられた。彼らは大きな十字が見えるだろう、そしてそれは十字の中心の数字の手掛かりに沿って見えると言われた。この手掛かりは彼らに、のちに短く十字の腕に現れる文字の数を警告するだろう。たとえばもし手掛かりが数字の2だとすると、十字の4つの腕のどれかの2つに2つの文字が現れる。課題は各々の試行の完了時にその文字の名前を言うことだった。

各々の試行は十字の表示の提示で始まった。1000msのあと、数の手掛かりは200msの間十字の真ん中に現れる。刺激と十字の提示はのちに小さな「固定十字」い置き換えられ、500msの間固定を維持するための手助けとして表示された。
次に十字の表示と付随している文字が提示された。この重要な表示は参加者が意図的な目の動きを始めたり、終わらせたりする時間をもたないことを確実にするために、たった200msの間のみスクリーン上に出された。表示はのちほど隠され、隠されたものは参加者が文字を報告するまでスクリーン上にとどまった。
7回の試行を行い、各々は実験者が行った。1~4回の試行は予期しない事象を含み、これらの試行で手掛かりは正確に提示された文字の数を示した。(それぞれ1,3,2,3)5~7回の試行は2つの文字は十字の表示の中に与えられ、予期しない四角形が右下の象限の中に現れた。20人の参加者は2つの文字を予想するよう合図を出された。

予期しない刺激が現れた最初の試行のように5回目の(重要な)試行は、初期の研究の重要性に関するものだった。参加者はこの思考で重要な刺激を予想していなかったことを踏まえると、彼らは追加の項目が位置している方向へ注意を向けなかった。この理由として、試行は一般に重要な(非注意性)試行と表わされる。重要な試行に従うとすぐに、実験者は十字の腕に現れた文字への参加者の反応を記録した。実験者は「この試行で、文字や十字に加えてなにか見えましたか、もし見えたなら何に気付きましたか」とたずねた。6回目の試行で、すべての参加者は、実験者の前の質問の結果として、なにか追加のものを予測したか判断した。この理由は、参加者(質問に従うと)が関連する課題と重要な刺激との間の注意を分けることができるかどうかを測る限りでは、6回目の試行は一般に絶対的に分離した注意の試行とよばれる。7回目の試行では、参加者は新しい指示文字の名前を言わなくてもよくて、スクリーン上に現れている追加項目を探さなくてはならないと指し示す指示を受け取る。この試行は、十分な注意の試行と呼ばれるのだが、that以下を立証しようと計画された。つまり、文字の名前を言う課題に従事していないときは、参加者は重要な刺激を知覚することができる。

実験の計画:手掛かりの妥当性は被験者の間で操作された。妥当性のある課題の手掛かりは、表示のなかの文字の数を正確に指し示しているが、一方で妥当性のない手がかりは一つだけ文字の数が誇張される。すべての参加者が、十字の腕上の2つの文字や右下の象限に四角形を含んでいる同一の重要な表示を見たということを記述することは重要である。従属している度合いは、参加者が予期しない項目を五回目の試行でみたことを報告するかどうかである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。