Experiment1:Valid and Invalid Numerical Expectations Result~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

結果
データ分析。 データ分析はchi-squareテストを含む。Chi-square(ランダムなサンプルと観察からの独立と予期したセルの数)の仮定は評価され、最初の二つの仮定は合わさった。後の分析は、セルは5より少ない予期をした数のところで、Fisherの正確なテストは使用された。すべての結果は05アルファレベルを使ったとき、評価された。
 キーの関心の基準は参加者が重大な試行における予期しない四角を報告したかどうかである。参加者が(a)刺激の配列における追加的な項目を検出し、(b)正しい四文円の場所か正しい幾何学的な形のどちらかを報告したとき、彼らは四角を見たら暗号化された。重大な試行における予期しない四角を報告した参加者は、noticersとして言及され、四角を報告するのに失敗した参加者はnonnoticersとして言及された。
 第一の文の名前付け課題における正確なスコアは数えられた。どの試行でも、参加者は文を正しく、または間違って報告していたときに暗号化された。最初の4試行の正しいパーセンテージのスコアは、それぞれの参加者から組み立てられ、noticersとnonnoticersが文の名前付けの正確さの点で異なるかどうかを確立するために使用した。 
ここで暗示することは、正確さは第一の課題において注意的な調査の異なるレベルに反映するかもしれないということである。    
IB分析。予期は、重大な試行においてのIBの比率に著しく影響されたということを示している課題の確かな条件(65%)と比較したとき、IBは、課題の確かな条件(10%)において著しく低い。追加的な文(課題の不確かさ)を予期した参加者は、存在した文の数についての課題の確かな予期を持つ参加者と比べて、課題の関連性のない重大な刺激をより著しく知覚するであろう。この発見は、個人の予期は、予期しない視覚の刺激の検出に著しく影響を与えるということを示唆する。加えて、注意の手段は、予期しない項目に分配させた場合に、第一課題における実行は妥協しないということを示唆するとき、 文の名前付けの正確さと重大な課題における予期しない刺激の知覚の両方の間に相関関係はない。手がかりの条件と、弁別した注意の試行における予期しない刺激の知覚との間にもまた関係はない。最大の注意試行におけるIBはないが、最大の注意の状況下における重大な刺激の知覚の証拠はある。追加的な刺激を報告したすべての参加者は完全にその配置の場所を同定した。しかしながら、ある参加者は、追加的な項目に気づいたのにもかかわらず、その幾何学的な形を見分けることができなかった。
第一の課題における全体の正確さ 最初の4回の試行を通して、noticers
nonnoticersの間の文の名前付けの正確さの顕著な違いはなかった。したがって、重大な(非注意な)課題の気づいている比率の違いは、第一の(文の名前付けの)最初の注意的な調査の程度の違いのせいと考えることができるということはありそうもなかった。



 考察
 モストとその同僚たちは、注意を特定の色、位置、輝度、形の対象に向ける参加者は予期しない刺激の属性が、彼らの注意のセットの中に含んだ対象と一致するとき、予期しない刺激を検出しやすそうであると示唆した。
 実験1の結果は、注意もまた妥当な課題のアイテムの数に向けさせうるという実証によってこの結論を拡張した。重大な試行ですべての参加者(妥当な課題の予期の状態であろうと、妥当でない課題の予期の状態であろうと)に十字、2つの文、予期しない四角を含んだ同一の表示を提示させた。参加者は予期していた関係性のある課題のアイテムの数の点のみにおいて異なった。参加者がこの文のみを予期することをてがかりとして与えられたとき、予期しない四角に対してIB率は高かった。参加者が3つの文を予期し、その3つ目の文はないということを手がかりとして与えられたとき、予期しない四角に対してのIBはかなり低かった。これらの結果から、参加者が、数の予期の手がかりの基準における注意をわけているということを示唆した。実験1では、重大な刺激は、妥当な課題の文から、最も遠い象限に位置していた。マックとロックは個々が十字の腕によって描かれた全体の想像上の楕円に注意を向けるということと、重大な刺激が十字またはある象限のひとつに位置していたとき、彼らがIBを同等に実証しやすそうであるということを示唆した。実験1では、我々が、数の予期を見つけた結果は、関係性のある課題のアイテムと関連した重大な刺激の位置に単に依存しているのではないということ、実験2では我々が、二つの関係性のある課題の文の間に判りやすい重大な刺激を位置づけたということを確かめた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。