General discussion


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

General Discussion

これらの今回の実験は視覚の配列の中で予期せぬ項目を見つけられるかどうか決定することにおいて個体の数に関する予測の重要な強制的根拠を与える。特に、もし、個体の注意が最も重要な課題項目の特定の数に向けられていて、そして出てきた項目の数がその予測と一致していたとき参加者はよりはっきりと予期せぬ視覚的出来事へのIBを示すだろう。組織的に操作されている知覚負荷と予測の両方によって主要な課題の要求が増えるにつれて、予期せぬ出来事の知覚力の重要性は増えていくとの予測の想定が確立することを六つの実験は描いている。

実験1は参加者が視覚的課題の中の項目の数へ注意を向けるかどうか判断するように、そしてどのようにこの数に関する予測が予期せぬ視覚的刺激の発見に影響を与えるのか調べるためにつくられている。参加者が主要な課題(letter-naming)で、二つの字を予測するきっかけをつくることは、三つの字の予測にきっかけをつくっている時に比べて、三つ目の見当違いの項目に気付くのがはっきりと少なくなったようである。Critical trialの実験を思い出すと、すべての参加者は二つの字を含んでいる同じディスプレイと、予期せぬ四角を見た。この予測に関する本質的な効果は実験2で課題に関する項目の中に効果的刺激が著しく目立って現れたときに明白である。これは実験1での予期せぬ刺激の空間的位置づけが不十分だったということを示している。

以前の研究では主要な注意課題では知覚負荷の増加によってIBの率は高くなっていくということを説明していた。実験3の結果はIBの調整において予測と知覚負荷の相互作用が存在するということを指し示している。数に関する予測は高い負荷課題ではIBの率にはっきりと影響しているが、低い付加課題では重要性が低くなった。

実験4では、刺激提示の時間、回数を減らすことは参加者の処理計画を調べるためであった。その結果は短時間の刺激の現れる回数を示しており、参加者は課題に無効な現れた文字の数についての予測をすることへの美徳から彼らは余分な項目を予測しており、参加者はIBをつよく受けやすい。重要なのは、現れている時間の減少は主要なletter-naming課題の精度に影響しないこと、1~4の実験を通して、効果的刺激を優先して字は処理されているようであるということを示している。我々はこれらの研究で以下のことを示す、重要な課題の合図を受けた参加者はいったん課題に関する字の処理を終わらせたということが検出された。対照的に、数に関する予測を乱された参加者は配列の処理を続けた。従って、予期せぬ項目は知覚される。

新しい予測の操作は実験5で示された。課題に重要な項目の個数を強調するよりも、課題にあまり重要でない合図は字の数を一つ少なめに述べる。この巧みな操作は実験1,2,3におけるIBの減少は、参加者が積極的に余計な項目を探すという結果にしたかもしれない特別な予測の人工物であったかどうか調べるためにつくられた。実験5の結果はIBの率が実験1の課題に重要でない状況と一致する限りでは、この予測を除外する。(それか、課題に関係する状況より著しく低くなるか)

実験6は数に関する予測はIBにおいて効果的な構成要素かどうか、それか、IBが妨害された瞬間にだけ重要になるのか明らかにするためにだけなされた。IBの率は数に関する予測が満たされているときに比べ、無いときははっきりと減少した。これらの明らかになったことは、実験の設計に重要な影響をもっている。

Explanatory Framework

以上の一連の実験により、我々は数に関する予測は個人のattentional setの重要な側面を構成しているということを主張する。以前のIB研究は参加者は色、位置、光、そして形状に注意を向けるということを指し示していた。これらの刺激の特性に関して言うと、注意は個人のsetを含んでいる特質と特徴を分けている予期せぬ項目はより検出されやすくなるように、選択的に課題に関係する特性に調和しているのかもしれないと信じられている。我々は数に関するsetは異なって作用するのかもしれないということを主張する。よりはっきり述べると、数に関する予測は処理の終結段階に影響するのかもしれない。つまり、数に関する予測をもとに、参加者は処理は完了したかどうかについての意図的な決定をしているのである。この決定は数に関する予測と後に来る表示の間の一致、または不一致の産物である。例えば、字の数は予測で成り立った現在の一連の実験で、参加者は一度接触した課題に主要な要求物の処理をやめることを選ぶ。
しかしながら、これらの予測が乱されたとき、処理はより用心深いやり方で続けられた。特に、これらの結論は緩い、それかまたは高いレベルの知覚負荷と最も関連している。低いレベルの知覚負荷では数に関する予測で満たされている参加者と、予測が乱されている参加者の間でIBの率に大きな違いはない。両方の予測のグループを越えてIBの率は低い。課題に関連のない刺激は自動的に低い知覚負荷で処理された、そして我々は低い課題を要求する数の予測の喪失に従って、知覚は終了の決定に先行するということを主張する。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。