神話関連ニュースまとめ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神話関連ニュースまとめ

神話、文化、古代遺跡、歴史、世界遺産などに関したニュースをまとめます?




2009年04月28日
奈良文化財研究所飛鳥資料館(奈良県明日香村)で毎年5月に開催されている特別史跡、キトラ古墳(同村、7世紀末~8世紀初め)壁画の特別公開について、文化庁は27日、2010年は「青竜(せいりゅう)」「白虎(びゃっこ)」「朱雀(すざく)」「玄武(げんぶ)」の四神(ししん)すべてを公開することを明らかにした。期間も通常の17日間から、約1カ月間に延長する。国内の石室壁画としてはキトラ古墳でしか確認されていない四神の「そろい踏み」は初めて。

来年は明日香村にいこうかな~?
四神って不思議ですね。他の中国の古代神はあまりとりいれられなかったのに。
方位神だったせいかな? 人形(ひとがた)じゃなくて獣形だったからかな?
朝鮮半島の技術者が古墳造成にかかわっていたとして、朝鮮でもやっぱ四神描かれてるのはなぜ?
おもしろいですねw


2009年04月16日
メインサイト: クレオパトラ ※美人かどうか記述変える?

「エジプト考古最高評議会は15日、同国北部アレクサンドリア近郊の「タポシリス・マグナ神殿」一帯で3年前から続けている発掘で、古代エジプトの女王クレオパトラ(紀元前69-同30年)の彫像の頭部や、肖像が描かれたコイン22枚が見つかったと発表した。

 英ニューカッスル大の研究者は一昨年、ローマ時代のコインから、「絶世の美人」とされたクレオパトラの美ぼうはそれほどではなかったと指摘。これに対して評議会のザヒ・ハワス事務局長は今回の発見から、クレオパトラが美しくなかったとは言えないと主張した。

 彫像は大きな目と彫りの深い顔立ちが印象的。事務局長は彫像やコインが、カエサルや夫アントニウスの心を奪ったクレオパトラの魅力を示していると説明している。

 最近では、クレオパトラの母親はアフリカ系だったとの説も出ているが、事務局長は彫像にはアフリカ系の特徴はないとも指摘した。

 発掘は、なお見つかっていないクレオパトラやアントニウスの墓を探す調査の一環。レーダー調査の結果を踏まえ、可能性のある3カ所で来週から発掘を開始するという。(共同)」

というニュース。美人か美人じゃないか、どっちやw(時代でも価値観ちゃうやろ?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。