※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1年 SF兼PG 155cm 48kg
通称「セナ」。
幼い頃からパシリとして孤独な人生を送ってきた。
だが約10年に及ぶパシリの遍歴が40ヤード走4秒2(NFLトップスピード、人間の限界速度)という驚異的な脚力を身に付ける要因となる。
選手時は緑色のアイシールドで素顔を隠し、謎のデビルフットボーラー「アイシールド21」と名乗り、「光速のSF」と通り名で、泥門デビルバッツのエースとして名を轟かせることになる。
関東大会では阿含というトッププレイヤーとマッチアップし、阿含から気弱な自分が持ち得なかった『攻撃性』、王城戦でから攻撃を腕で受け流すテクニックと、両試合で新たに覚醒を見せ、白秋マルコに勝ったことで「すでに本物」と認められる。
そして、全国大会決勝で「本物のアイシールド21」大和猛との対決を制し「真のアイシールド21」となる。
SFとしての成長は著しく、「デビルバットダイブ」「デビルバットゴースト」「デビルバットハリケーン(ハリケーンゴースト)」といくつかの必殺技を経験則で編み出した。
また、白秋戦ではPGを務め、自分の長所の脚力を活かし、新時代のPGとよばれる。

バックステップ・サイドステップでも全速力と同スピード&全く減速せず全方向転換可能という
青峰もビックリのトンデモ野郎