※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

将来:A級戦犯として永久追放

安西高頭両監督が驚き汗をかく采配力

湘北のいいリズムを作り出しているのは松本のディフェンスだった。
それに気づけない堂本はいけぬま。

スタメンの選手は油断せずに湘北戦に挑んだのに
堂本の馬鹿がミキオ試すとか舐めてかかったのが敗因

ミキオに練習の舞台を与えたせいで初戦敗退
確かに選手に慢心はなかったがこいつがものすごい慢心を持っていた
監督向いてない

堂本はカッコつけてはい上がろうとか言ってないで田岡みたいに油断してデビュー戦のミキオを出して宮城に致命的ミスと言われたと言え

プレス突破の責任は深津沢北を前衛で組ませた堂本が8割、深津の信頼を裏切った沢北が2割

終盤の土壇場で冷静な安西
終盤の土壇場で冷や汗な堂本

ゾーンプレスと桜木河田兄を付けたこと以外が全て裏目に出る
いつまで美紀男を引っ込めない致命的なミスを宮城にまで指摘される
何で堂本みたいな無能が高校トップの監督やってるんだ? コネ就職か?

堂本の無能さを抜粋
○ミーティング中に突然いなくなる
三井の3P一辺倒になると守るのが楽になると思いながら-----
○自分のチームは沢北一辺倒になっていることに気付かず、結果的に流川がパスをOFの選択肢に取り入れ始め、5点差まで迫られるまでタイムアウトを取らない
○マッチアップしている混乱中の松本に一言も声をかけず交代をしようとしない
松本三井にあれだけ打たせているのに、DFのスペシャリストの一之倉を後半から下げて出場させない
○結果的に三井から20点以上を取られる
○経験を積ませるためなのか、初心者の美紀男を神奈川ナンバーワンセンターの赤木にマークさせ続け-----
宮城に「致命的」と山王の穴として見抜かれる
赤木にボールが集まり点が決まりだし、三井赤木の外と中の攻撃のバランスが良くなり、山王は後手になっていく
○バテバテの三井より戻りが遅い松本を交代させず、絶叫しながら三井に3Pのバスケットカウントを取られた後に、何も声をかけない
○背中に怪我を負っている桜木を交代させないためにタイムアウトを取り損ねて、結局桜木にトドメをさされる