※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

About This Document
このドキュメントについて

This document is a guide to using Splint.
Section 1 explains how to run Splint, interpret messages and control checking.
Sections 2–13 describe particular checks done by Splint.
There are some minor dependencies between sections, but in general they can be read in any order.
Section 14 covers issues involving libraries and header file inclusion important for running Splint on large systems.

この文書は、Splintを利用するためのガイドです。
セクション1はSplintを動作させ、メッセージを理解し、チェックする方法を説明する。
セクション2-13は、Splintによって行われた特定のチェックについて記載します。
セクション間には、いくつかの重要でない依存性があります。しかし、一般には任意の順に読むことができます。
セクション14は、Splintを動作させることにより、大型システムにおいて、ライブラリおよび、ヘッダファイルに含まれる問題をカバーします。

This document does not describe technical details of the checking.
For technical background and analysis of Splint’s effectiveness in practice, see the papers available at http://www.splint.org.

このドキュメントは、チェックの技術的詳細については記述しません。
Splintの効果の技術的な背景と分析については、http://www.splint.org/にあるドキュメントを参照してください。