※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テニスのルール

 

 ○タイブレークについて

 6ゲームマッチの試合の場合、ゲームカウントが5-5になった場合、7-5か5-7でゲームセット。6-6になった場合はタイブレークというルールが採用されます。

タイブレークは相手に2ポイント以上の差をつけて7ポイント先取した方が勝ちです。カウントは15・30・40ではなく、1・2・3・・・と数えていきます。

タイブレークではサービス権が2ポイントごと(最初のみ1ポイント)に移ります。以下具体的な説明です。

A・B、C・Dがそれぞれペアで、A・Cがフォア側レシーブ、B・Dがバック側レシーブ。A→C→B→Dの順にサーブが回り、6-6でDのサーブが終わったところです。(シングルスの場合、A・B、C・Dを同一のものとして考えましょう。)

◯第1ポイント~第6ポイント

 1. Aが右サイドよりサーブ(Cがレシーブ)

 2. Cが左サイドよりサーブ(Bがレシーブ)

 3. Cが右サイドよりサーブ(Aがレシーブ)

 4. Bが左サイドよりサーブ(Dがレシーブ)

 5. Bが右サイドよりサーブ(Cがレシーブ)

 6. Dが左サイドよりサーブ(Bがレシーブ)

6ポイントが終了したらコートチェンジ

◯第7ポイント以降

7. Dが右サイドよりサーブ(Aがレシーブ)

8. Aが左サイドよりサーブ(Dがレシーブ) 

以降1.からの流れを繰返し(9~12)

※いい図を探してきます(-"-;A コピペなんで他にいいのあったらそれで。