特殊相対性理論


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルベルト・アインシュタインが1905年に発表した物理学の理論である。
光速度不変の原理(こうそくどふへんのげんり)「真空中の光の速さは、光源の運動状態に影響されない一定値cである。」と、
特殊相対性原理(とくしゅそうたいせいげんり)「お互いに等速度で運動しているすべての慣性系において、すべての基本的物理法則は、まったく同じ形で表される。それらの慣性系のなかから、なにか特別なものを選び出すことはできない。」
の二つを指導原理とする理論である。
特殊相対論または特殊相対性原理とも呼ばれる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。