※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Windows Live Writer

世の中個人のブログがたくさんあって、所長によくにた人もブログを
やっているようですが、書くのも大変ですが、書く環境も今一で続かなく
なってしまうことがあるようです。

ブログのサービスは、どこも専用の記事を書く画面が用意されていて、
その画面の機能に従って記事を書きます。
でもそこはやっぱりWeb画面。画面のサイズや、書体の変更面倒だったり、
へんなhtmlタグが挿入されて、みにくかったり....

そんな時に使うのが、ブログエディタ。
ワープロライクの画面で記事を書いて、ボタン一発で自分のブログに記事を
アップ。
もちろんプレビュー機能のありますので、投稿してから、ありゃ~!ということ
がありません。

このツール、たくさんあるようで、あまりフリーの種類がありません。
ジャストシステムがxfy Blog Editor
ubicastのubicast Blogger
など。

所長に似た人も、だいたい使ってみたそうですが、
 xfyは、きれいだけど、わかりにくいインターフェース
 ubicastは、この分野の先駆けの会社でしたが、完成度が今ひとつ
だったそうです。

そこで、所長がお勧めするのは、珍しくマイクロソフト社製のツール。
Windwos Live Writer です。
最近、他のLiveサービスと共に正式版になりましたが、所長は英語版βから
愛用しております。
よいところは、マイクロソフトらしくない、シンプルでわかりやすい
インターフェース。これにつきます。
しかもフリー! どうしたことでしょう?!
さらに、サポートがえらく親切丁寧。(雪が降るかも)

写真の貼り付けもドラック&ドロップ。もちろんHTMLコードも書けます。
巨大化するOfficeもこれに見習って欲しいなぁ と思う所長です。