子宮頸癌ワクチン(パピローマワクチン)による副作用の治療法に付いて

本日の閲覧数  -
昨日の閲覧数  -
総閲覧数 -
平成25年7月6日開始。 平成26年11月4日更新。

当院のホームページに於いて、パピローマウイルスワクチン投与は危険だから止めるべきだと警告してきたが、副作用の報告が出て初めて厚生労働省はワクチン接種を推奨しない様になった。


一般の西洋医学的治療方法には限界がある。数々の難病治療に意欲的に取り組んで来た院長は、次の様なパピローマウイルスワクチンの副作用の治療法を唱える。


武田内科胃腸科医院の院長が提案するパピローマウイルスワクチンの副作用の治療法はこれ。これを行えば、完治とはならないまでも、かなり改善するのではないかと思います。


1水酸化アルミニウムの体外への排泄促進。筋肉注射で投与した水酸化アルミニウムはなかなか体外への排泄がなされない。これをキレート剤に寄って体外排泄を促進する必要がある。日本で使用可能なキレート剤はチオラとタチオンである。D penicillamineは副作用が強いので推奨出来ない。

2中枢神経への副作用を治すのは非常に難しい。難治性の疼痛を有する症例には附子剤を投与する。附子剤が必要な体質の患者であれば使用する。この場合附子末を使用しても良いが、使用方法が比較的簡単な小太郎麻黄附子細辛湯エキスカプセルを用いると良いだろう。

3必要に応じて柴胡剤を更に併用する。パピローマウイルスワクチンで副作用が出た患者は虚証である事が多いので、加味帰脾湯、補中益気湯、加味逍遙散、抑肝散加陳皮半夏のいずれかを投与する。

4パピローマウイルスワクチンにはウイルスのDNAは含まれていないと書いてあるが、副作用が発現した症例では全身に疣様の発疹が出現した例もある様なので、疣贅の治療に使用する薏苡仁エキス剤を使用する。

5EPA DHAを使用する。ウイルス感染症やウイルスのワクチンの副作用にはこれも用いる。医療用や健康食品で使用している物で良いだろう。過剰に投与するのは良くないので適量を投与する。

6ステロイドは必要に応じて使用しても良い。

注意事項。当院ではまだ治療経験がないので、これらの治療により完治するとは限りません。有効率もはっきりはしません。副作用の可能性に付いて論じた状況です。














ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。