第七期


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さっさと戦争汁wwwwwwwwwwwwwww


要するにもふもふ国と明鏡止水国です。
草原の小さな国とか魔王殿国とかもあったんですが、この二つの強国に破れ敗退。
はっきり言って七期は一番長かった。
ふもと澪標(現在の早蕨)が国王だった。
そして、結局勝ったのはもふもふ国だった。
明鏡止水国は、多分本鯖と合わせても初めて魔王軍に滅亡させられた国。
「あの国はあの辺がいいキリだった」
そう澪標は言っていた。
確か。
因みに、この頃は魔王軍の侵攻が酷く、伝説の15時間戦争があった。
その戦争が、魔王軍VSもふもふ国+明鏡止水国だったのだが、魔王軍が朝8時から侵攻し、夜の11時頃まで戦争が続いた。
明鏡止水国は領土1、もふもふ国は領土3でギリギリの状態だった。
恐るべし魔王軍…。
んで、この戦争に終止符を打ったのは有為ではなく早蕨だった。
その後、もふもふ国が統一しやっと第七期が終わった。
更に蛇足として、この戦争中に東方不敗が引退した。
乙でした。

実は有為が余りにも長いので一度統一前に地形を変えた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。