※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ventriloの設定方法について

現在T・FζO・AではVentriloの導入を進めています。
設定等がいろいろと難しい面もありますので、設定方法を記入しておきます。

ダウンロード

Ventrilo2.14
上記のファイルを自分の分かりやすい場所に保存して下さい。
ZIPファイルなので解凍が必要です。
解凍するとこんな感じになってると思います。



日本語化

続いて日本語化する作業に入ります。
自分は英語でも読めるぜフゥーハハハなんて方はダウンロード無しでも構いません。
日本語化パッチ
上記のファイルを分かりやすい場所に保存してください。

上記の画像のように、ダウンロードしたexeファイルを本体の中へ入れて下さい。
ファイルを本体の中へ入れたら 日本語化パッチをダブルクリック です。
これで本体の日本語化が完了しました。

設定方法

本体を起動し、画像の赤い丸の場所をクリックしてください。

すると、ユーザー設定という画面が出てきます。

その中の「 新規 」を押してください。

するとバインド名と出てくると思います。

バインド名=名前です。

できるだけ日本語ではなく、英語でお願いします。
足湯=ashiyu
アグナ=aguna

OKを押すとユーザー設定の画面に戻りますので、OKを押してください。

サーバーの選択

続いてサーバーの選択をします。

前回赤い丸をクリックしたと思います。
今回はその下の矢印をクリックして下さい。

前回と同じく「 新規 」を選択
バインド名は「TFOA」にして下さい。

入力が終わったら、ホスト名(IP)アドレスの入力になります。

202.219.210.88

これがサーバーのIPアドレスとなります。
IPアドレスをコピペすると楽です。

ポート は最初3784になっていると思います。
その番号はそのままでOK。
サーバーパスワードとデフォルトチャンネルは空白で結構です。
すべて入力し終えたらOKを押してください。

音声設定方法

最後の設定となります。
今までお疲れ様でした。あと一息です。
Ventrilo最初の画面で、 設定 があると思います。
今回はそこをいじります。クリックしてください。


クリックすると上記の画面が出てきます。

1.ボイスチャットを有効にする
2.プッシュトークを使う
3.ホットキーの検出にDirectInputを使う

この3つにチェックボタンを入れて下さい。
プッシュトークというのは、ボタンを押している間だけ話せるという便利な機能です。
ちなみに筆者はAltキーを設定しています。
サドンアタックで使わないキーが望ましいです。

続いて設定画面の上の方に、音声 イベント バインド などが並べれていますので
イベント をクリックしてください。
すると
自分がサーバーに接続
自分がサーバーから切断
ユーザーがサーバーに接続

このようなものがたくさんあります。
この機能は~さんがサーバーに入ってきました。といったメッセージを知らせてくれるのですが、結構うるさいです。いやうるさいです。
なので全部切ってしまいましょう。

全部を***Nothingに設定してください。


続いて上の方に並んでいるグローバル をクリックしてください。
□新しいバージョンが見つかったら知らせる のチェックボタンをはずします。
今みなさんが使っているバージョンで統一しないといけないため、アップデートは避けて下さい。

お疲れ様でした。これですべて終了です。