山形県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山形のページ(暫定)

ここは山形のページです
wikipedia:山形

有名・特徴的な所(暫定)


自然・風土
  • 米沢市…米沢牛と、戦国時代末期にこの地を治めていた直江兼続で有名。
  • フェーン現象…1933年7月25日、山形県山形市気象台が、日本の気温の当時における最高記録40.8℃を記録したことから、フェーン現象が山形県の印象として広まった。これは飯豊連峰を越えた南西の強風が、飯豊山の斜面を吹き下るときに、乾燥した高温の風となって山形市に吹き付けたためである。なお、現在の最高記録は2007年8月16日の岐阜県多治見市および埼玉県熊谷市で記録された40.9℃である。

産業
  • さくらんぼ
  • だだちゃ豆
  • 花笠まつり
  • 将棋駒(天童市)…山形県天童市は将棋駒の生産地として知られ、全国生産量のの95%以上を天童市が占めている。

歴史
  • 西行戻しの涙坂 (寒河江市)
  • 五色の石…続日本後紀によれば、田川郡西の浜に石が降ったという。この浜は砂ばかりで、石と呼べるものは小石すら落ちていない砂浜であったが、鏃や鉾のような形をした、赤、白、青、黒などの石が落ちており、みな、西の方へその切っ先を向けていたという。朝廷には戦乱の前兆を見る向きもあったが、同年、遣唐使の一部が南方に漂着し、賊と戦ったが、神の助けを得て勝つことが出来たという事件があり、西の浜に降ったのはそのときの神の助けによるものであるとした(賊の武器を神が奪って、西の浜に降らせたのだろうか?神の投げつけた武器が西の浜に降ったということだろうか?)。
  • 最上氏…室町時代には伊達氏の傘下となるが、伊達氏が内部分裂を起こすと、独立を果たした。戦国時代には、義光が勢力を拡大した。伊達氏とは因縁浅からぬ関係にあったが、妹義姫(伊達政宗の母)が両家の間を取り持ち、破局が訪れることは無かった。1600年、上杉景勝が徳川家康に対して挙兵すると、直江兼続の侵攻を受けるが徹底して抗戦した。その後、撤収する上杉軍を長谷堂城に追撃したが反撃に遭った。江戸時代には山形藩57万石を領し、義光の全盛によってこの地は発展していくが、後継者に恵まれず、家臣団の対立も発生し、義光死後、大名としての最上氏は歴史から姿を消した。
  • 上杉鷹山…米沢藩第9代藩主。上杉治憲。米沢藩の財政立て直しを図った名君として知られる。傾いた財政のみならず、飢饉にも苦しめられたが、非常食の普及、学問所の再興、質素倹約などの改革を行った。

神社仏閣
  • 鳥海山大物忌神社…飽海郡にある、出羽国一宮。鳥海山頂の本社と、麓の吹浦と蕨岡の2か所の口之宮の総称として大物忌神社と称する。主祭神は大物忌大神であり、鳥海山の神とされ、倉稲魂命のことと言われている。また、口之宮には月読命も祀られている。朝廷がこの地に進出した頃、鳥海山は活発に活動しており、その噴火は蝦夷反乱の前兆ともされたと言う。そのため、鳥海山を祀ることで、蝦夷の平定、支配の安定を図ったものと考えられている。また、古くから山岳信仰の地であり、後には修験道が盛んになった。
  • 城輪(キノワ)神社…酒田市にある出羽国二宮。祭神は倉稲魂命(ウガノミタマノミコト)、食物神宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)である。8世紀初頭に創建されたとされ、この地は当時対蝦夷最前線に位置することから、出羽柵鎮守としての意味合いを持っていたとも考えられている。近くには出羽国府跡とされる城輪柵跡がある。
  • 出羽三山…羽黒山、月山、湯殿山のことで、修験道の霊場として有名。
    • 月山…出羽三山の主峰であり、その名は月の神ツキヨミノミコトから頂いたと言われている。月山神社の祭神はツキヨミノミコトである。七月から九月までのわずかな期間しか登拝することができない。

伝承
  • 天狗の相撲場…夏、山の中にコケや砂地に覆われた一定の領域があるとこう呼んだという。月山、朝日岳、黒森山にもあったとされ、黒森山では松茸取りに行った男が、見たこともない大男に出くわしたとされる。
  • シュパン…山形県怪談百話によれば、酒井藩の武士宅に出たとされる妖怪。天井からぶら下がる赤ら顔の大入道で、武士が捕まえようとすると体が縮まっていき、消えてしまったという。

東方に関係ありそうな事柄(暫定)

  • 山形のブランド野菜に蔵王サファイアがある。生産量が少なく、入手困難な逸品。色艶はその名のごとく宝石に例えられる。
  • 山形花笠まつり…昭和38年(1963)に行われた「蔵王夏まつり」の一部、「花笠音頭パレード」が、独立、昭和40年(1965)からは単独の「山形花笠まつり」として行われるようになったもの。艶やかな衣装と花笠をあしらった笠を手にした踊り手が山形市で踊る。
  • 出羽三山…出羽三山を開山したのは、祟峻天皇の子、蜂子皇子である。蜂子王子は八咫烏に導かれてこの地にたどり着いたという。出羽三山山頂にはそれぞれ、出羽神社、月山神社、湯殿山中腹に湯殿山神社がある。

候補キャラ




名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。